ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

الهدنة كانت فاشلة Syria:The cease-fire intermediation never succeeds

 
انا صحفي ياباني اعيش بعيدا"عن الاراضي السوريه منذو انلاع الثورة وأنا اغطي احداثها

لقد شاهدت ما يجري في سوريا  من  احداث خلال الفيدوهات على اليوب توب

وكم قتل نظام بشار الاسد من النفوس الابراياء

وان النظام السوري ما يقولوه عن المقاومه بأنها عصابات مسلحة لا داعي لها من الصحة وكاذبه لانها غير موثقة بفيديوهات حقيقيه

انا ما ينشره نظام بشار الأسد من فيديوهات هيى عبارة عن فيدوهات منتجة من الاقنيه السورية والروسية معظمها

وهى عبارة عن معلومات مصطنعة ومفبركه لا علافات  لها  من الصحة

وأنا اعتقد بأن ما يقدمه مجلس الامن من مبادرات لحل بين الاطراف المتنازعه في سوريا هى محاولات فاشله لا محال

انني ارى ان االحل في ايقاف حمام الدم السائل في سوريا والقتل يكمن في رحل بشار الاسد فقط

والرأي العام العالمي يجب انت يتحرك لاجل حظر جوي و دعم الجيش السوري الحر بالعتاد العسكري


 

 


I am a Japanese journalist covering a revolution in Syria from the beginning .

Though I live in the country of the Far East, I could understand correctly that the Assad regime has been killing a great number of people in Syria by watching tens of thousands of pictures uploaded to YouTube.

On the other hand , I know that all the claims of the Assad regime who calls dissidents "terrorists " are unacceptable because I can not find any pictures for the evidence.
Pictures based on the viewpoint by the Assad regime are the reports only by Syrian or Russian governmental TV station(=information that has been artificially processed).

I think that the Syrian situation is already so bad that the mediation by the U.N. envoy can never work.

To defeat the Assad regime is the only way to stop that slaughter from happening anymore in Syria
The international community should give military support to the Free Syrian Army and establish the flight ban area in Syria at once.
スポンサーサイト
  1. 2012/10/27(土) 16:36:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<停戦でもシリア政府軍の住民弾圧は続く | ホーム | シリア停戦崩壊>>

コメント

いきなりアラビア文字の羅列に不意打ち(笑)。しかし、このブログはアラビア語で打てるのですね。

で、意味は?ソースは?黒井さんの意図は?
  1. URL |
  2. 2012/10/28(日) 01:38:12 |
  3. 道楽Q #-
  4. [ 編集]

英文にあるように、たいしたことは書いてません。ただ、地球の東の果ての外国人のひとりが、こんなふうに思っていることを、もしかしたらシリアの人に伝えられたらいいなと思いました。
英文を一緒に付けたつもりだったのですが、何かアップロードに失敗したままに(たぶん右揃えと左揃えをいじっていて消しちゃった模様)外出し、いま帰宅して気づきました。失礼いたしました。
  1. URL |
  2. 2012/10/28(日) 02:25:15 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/994-0dbed437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。