ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安田純平氏報告(勉強会)のお知らせ

 お世話になっている日新報道の敏腕編集者・倉内慎哉さんが主宰する勉強会にて、ジャーナリスト・安田純平さんのシリア取材報告があります。どなたでも大歓迎とのことですので、シリア情勢に興味のある方はぜひどうぞ。

(以下、案内文を転載します)

サムライの会・第88回例会

フリージャーナリストの安田純平氏をお招きします。安田氏は今年の6月下旬に内戦の続くシリアに潜入し、反政府側の「自由シリア軍」の支配地に5週間にわたり滞在し取材されました。今年8月にジャーナリストの山本美香さんが銃撃戦に巻き込まれて死亡しましたが、その事件の背景となった現地の状況などをお聞きします。

報道特集「シリア 戦場と化した街」→http://www.youtube.com/watch?v=pbdqka5JdBs

講師:安田純平(やすだ・じゅんぺい)氏
1974年生まれ。1997年信濃新聞社入社。2003年信濃新聞社退社してフリージャーナリストに転身。2003年2月イラクに入り戦地取材開始。2004年4月米軍空爆のあったファルージャ周辺を取材中に武装勢力によって拘束される。2007年から2008年には、内戦状態で取材が困難となったイラクに入国して取材するため、民間軍事会社事務所などで料理人として働きながら取材。著書に『囚われのイラク:混迷の「戦後復興」』(現代人分社、2004年)、『誰が私を「人質」にしたのか:イラク戦争の現場とメディアの虚構』(PHP研究所、2004年)、『ルポ戦場出稼ぎ労働者』(集英社新書、2010年)ホームページ→http://jumpei.net/

演題:「シリアで何が起きているか」

日時:11月9日(金)午後6時半~

会費:3000円(軽食つき)

場所:「ル・パン」 港区麻布台1-11-2星野ビル2階 (東京メトロ神谷町駅下車1番出口、東京タワー方面徒歩5分、飯倉交差点角 螺旋階段昇る)
スポンサーサイト
  1. 2012/10/23(火) 01:16:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本日の殺戮 | ホーム | シリアの子供たちの声>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/986-57eee4dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。