ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリア反政府軍に携帯SAM

 シリア反政府軍に旧ソ連製の旧式の携帯式SAM「SA-7」が入っているらしいとの情報は、すでに数ヶ月前から流れていたのですが、そのエビデンスらしき映像が出ました。政府軍の防空基地がいくつも攻略されているので、そこから奪取されたものである可能性も高いですが、今のところ入手ルートは不明です。
▽反政府軍にSA-7
1016SR2.jpg
 10月15日アップ。アレッポ。発射はしてません。
 最近、政府軍のヘリや戦闘機が反政府軍に撃墜される事例が続出しています。これまで出た映像からは、おそらく対空機関砲あたりが使用されたケースが多いように思うのですが、携帯SAMが出回れば反政府軍の対空戦力がいっきにアップします。ただし、SA-7だと戦闘機相手にはまだ性能不足なので、もうちょい新型が入るとベターなのですが(ただし、政府軍操縦士を警戒させて、空爆を減らさせる効果は多少期待できるかもしれません)。

 ところで、SNSの未確認情報ですが、撃墜されて脱出した操縦士のパラシュートが開かなかった事例がいくつかあるようです。事実であれば、きちんと整備していなかったということかと思いますが、反体制派SNSでは「反体制派の仲間が空軍内にいて、わざと開かないように細工をしたのだ」との噂が飛び交っています。まあ、この手の希望的観測により噂は多いので、判断できませんが、いちおうご紹介だけします。

 なお、こちらは政府軍の操縦士が反政府軍に捕まったところ。
▽捕獲された政府軍操縦士の映像その2
1016SR3.jpg
 10月15日。アレッポ。撮影者と仲間数名が興奮気味。それをなだめる兵士の声も。捕まった本人はビビリまくりです。

 下はいまだ続く反政府デモ。
▽ジョーバルの反政府デモ
1016SR4.jpg
 10月15日。ダマスカスのジョーバル地区。反政府デモもいまや文字通り「命がけ」の行為ですが、彼らは怯みません。その勇気には本当に頭が下がります。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/16(火) 13:02:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シリア政府側の映像 | ホーム | 撃墜された政府軍操縦士>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/972-036c21d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。