ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

じつは怖いかもしれない中国製品

 昨日発売された『週刊ポスト』の「米政府が参入制限!中国製スマホのサイバー兵器疑惑」という記事でコメントを採用していただきました。
 中国だけに限らないですが、最先端のIT機器やソフトウエアのシステムや回路のチップなどに、国家の意思で密かにサイバー戦用のロジックボムやバックドアが仕込まれている可能性は、常にあります。
 民間の製品だからその心配はない、などというのは甘い考えで、実際、アメリカといえどもハイテク業界と政府や軍のインテリジェンスは深い関係にあります。北欧諸国などはそうでもないかもしれませんが、ロシア、インド、台湾などの製品は、モノにもよりますが、無条件に信じていいものではないと思います。
(だからといって、これらを一切使用しないでは高度な現代社会のシステムは成り立ちませんので、そこが難しいところですが・・・)
スポンサーサイト
  1. 2012/10/02(火) 20:47:22|
  2. 著作・メディア活動など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<「おじいさんと孫たち」部隊 | ホーム | シャビーハの親たちが反乱?>>

コメント

 windows にも密かにバックドアが…というのが,昔からの定番の陰謀論ネタですので,これの中国ver.かも?と,まだ半信半疑なところです.
  1. URL |
  2. 2012/10/02(火) 21:32:06 |
  3. 消印所沢 #-
  4. [ 編集]

複雑な回路やソフトウェアも分業で設計するため、担当する一人の人間を買収すれば秘密の機能を盛り込むことは簡単だ。
あとでバレルことなんてマズ無いだろう。

現代では回路図なんて使わないし、ソフトウェアなんて設計者以外は見ることなんてないし、
まして製品を開けてみるなんてマズ不可能だ。
  1. URL |
  2. 2012/10/02(火) 23:55:08 |
  3. ねぼけ猫 #-
  4. [ 編集]

以前から中国製PCにはウィルスが入っているとささやかれていましたが、事実であることがマイクロソフトによって突き止められたそうです。

http://www.tax-hoken.com/news_aiRYedKXWe.html

輸入禁止にすべき事態だと思いますが、日本では話題にもなりません。
  1. URL |
  2. 2012/10/03(水) 01:35:27 |
  3. ぷれっくす #GCA3nAmE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/944-0f88ccbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。