ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シャビーハの親たちが反乱?

 まったくの未確認情報です。この手の話は、事実であれば必ず現場映像がネットにアップされますので、現時点では単なる噂話ですが、事実だったら面白いので、とりあえずSNS情報を速報します。
 これもアサド政権の牙城であるタルトゥース(ロシア海軍の補給港でもあります)では、これまでアサド政権派民兵「シャビーハ」が大々的に徴募されてきたのですが、内戦激化でこちらサイドにも死者が激増したこともあって、いわゆる「行方不明」が激増しているようです。
 しかも、シャビーハ内部では「足抜け」もままならず、半ば「タコ部屋」みたいになっている模様。息子を送り出した親たちは、息子と連絡も許されず、息子がどこにいるのか、生きているのかどうかさえ教えてもらえない状況になっているとのこと。
 で、タルトゥースでは、そんな親たちによる怒りのデモが発生したという未確認情報が流れています。

 思えば、昨年3月の最初の反政府抗議行動も、ダラアで子供を逮捕された親たちのデモから始まっています。子を思う親の気持ちほど強いものはないですね。
 今、シリアでは、アサドに子供を殺された親がたくさんいます。アサドによって徴兵され、戦死した兵士の親もたくさんいます。

(追記)
 こうしたネット情報に関しては「すべてデマ」との見方もあるようですが、そうとはかぎりません。一例として、昨年3月6日の当ブログのエントリーを貼っておきます。
▽シリアで反政府デモ? (ワールド&インテリジェンス 2011年3月6日)
 当時は国際的などのマスメディアでもスルーされた情報でしたが、後に事実だったことが確認されています。
 その後も、シリア国内での「デモ拡大」情報に対して、政権側は「デマだ」と叫んでいましたが、それが誤っていたことは周知のとおり。

(追記その2)
 本日の発信動画。
▽アレッポ空爆
▽ザバダーニ砲撃
 酷いものです。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/02(火) 13:41:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<じつは怖いかもしれない中国製品 | ホーム | シリア外国人義勇兵の数>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/943-dc951a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。