ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尖閣問題 情報分析と国家戦略

 また中国の監視船団が尖閣海域に来ましたね。日本が譲歩しても、相手はもう止まりません。絶対に領海に入れてはいけません。ここで一歩引けば、それが既成事実化します。次はもっと来るでしょう。たとえ小競り合いになっても、現状維持の強い姿勢を貫くことが重要と思います。
 とにかく実効支配を緩めてはいけないです。何度も書いていますが、実効支配はもの凄く重要です。たとえば、いくら日本の領土だと主張しているからといって、今、自衛隊が北方領土や竹島に侵攻すれば、日本は国際社会で事実上「侵略者」と見なされ、孤立します。相手が実効支配しているからです。
 国際社会はすでに、紛争は武力でなく交渉で解決するのが正しいというタテマエなっています。尖閣はいま現在、日本が持っています。これを侵犯する者は国際社会で認められません。現状維持に挑戦する者は、世界平和の敵と見なされます。
 反日デモの暴走に対し、いま政府が国有化したことを批判する声もあるようですが、私はむしろ手ぬるいくらいとの考えです。遅すぎるほどと思っています。政府の国有化が火に油を注いだという見方は結果論であり、そうしなければますます中国側の暴走が過熱していた可能性もあります。
 日本政府は反日デモなどにビビらず、粛々と国土防衛を実行すべきです。中国が監視船を出してくるなら、海上保安庁の巡視船の大船団を展開すべきでしょうし、もしも中国海軍が進出してくれば、海上自衛隊を出すべきです。紛争になるとの懸念があると思いますが、日本は尖閣を実際に支配していて、譲る気はないとの決意を行動で示さないと、中国はさらに攻勢に出てきますから、さらに不利な条件で紛争になる可能性が高いと思っています。

 反日デモで私たち日本人全体が敵視されたからか、尖閣問題は日本の側でも議論がかなり過熱気味です。私の周囲でも中国人批判(中国政府批判でなく)する人が増えている気がします。中国総領事館に発炎筒を投げ込んだ輩まで出てきました。そこで、一歩引いて状況を考えるため、尖閣問題に対する国家戦略と情報分析の流れを簡潔にまとめてみたいと思います。

 まず、国家として「何を目的とするか?」を明確にする必要があります。
「日本の安全保障と国益の確保」となりますね。
 では、そのために必要な施策は何か?・・・これが国家戦略になります。
「日中関係を安定させる」+「尖閣の実効支配」の両立・・・これとしましょう。
 そのために必要な施策を「尖閣を現状維持とする」としましょう。
 日本政府はそのため、長年、尖閣問題はなるべく動かさないように務めてきました。尖閣は日本側の実効支配下にあり、現状維持でも「日本の安全保障と国益の確保」という最上位戦略に合致していたからです。
 しかし、中国側が現状維持を否定し、具体的な行動に出てきました。まず、この時点で本来は施策の見直しが必要です。
 ですが、政府は動かない。そこで東京都知事が動きました。中国側を刺激する動きです。
 そこで、日本政府は「日中関係を安定させる」という比較上位目的のため⇒「中国を刺激しない」という目的を定め、そのために「国有化」しました。しかし、中国はそれでも充分刺激され、ますます攻勢に出てきました。これまでのやり方では「日本の安全保障と国益の確保」ができないとの情報分析・判断が求められる局面です。
 ここで重要なのは、「日本の安全保障と国益の確保」は最上位の目的だということです。現在、次の国家戦略である「日中関係を安定させる」+「尖閣の実効支配」の両立が困難になったわけですから、そこを組み立て直さなければなりません。
 しかし、これはどちらかを放棄せよということではありません。最上位の戦略のため、やはり可能なかぎりの両立を目指すべきものです。
 そこで情報分析と判断がきわめて重要になります。上記のどちらかは、放棄せざるとも多少のリスクを覚悟せねばなりません。また、両命題ともに、「どの辺りまでのリスクなら許容できるか」を見極めなければなりません。
 たとえば、尖閣を守るためといって、全面戦争になっていいのか? ダメですね。
 あるいは、日中関係を丸く収めるために、尖閣をとられてもいいのか? これもダメです。
 では、何がベストの道か?
 これは日本の事情だけでは考えられません。中国側の事情をよく分析する必要があります。
 中国はここまで出てきた以上、尖閣を放棄するということはないでしょう。濃淡の波はあるかもしれませんが、今後も自国領土と主張し、侵犯を繰り返すことになります。
 日本側としては「尖閣を死守すること」と「中国との全面対決を避ける」ことが必要になります。戦略とは、それを第一に目指して施策を考えることです。
 現在の政府の方針は、中国との対決を避けることが優先され、尖閣を死守するための施策が後手にまわっているように思えてしかたありません。それに対し、中国の側は、いくら中国国民世論が沸騰しているからといって、相手の実効支配に軍事力で挑戦するまでにはまだまだ高いハードルがあるように見えます。もっとも、時間の経過とともにこの垣根はだんだん低くなっていきますから、日本は今のうちに早急に実効支配強化策を施し、ハードルを強固な壁にすべきと思います。

 というわけで、私は現時点では、海上保安庁が尖閣周辺の領海を完全に封鎖し、中国船を絶対に領海に入れないようにすべきと考えます。と同時に、中国船団の襲来を口実に、前回記述したように、海保等による尖閣諸島の実効支配強化の具体的な措置をとるべきと考えます。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/18(火) 17:47:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<戦闘車を手榴弾で破壊? | ホーム | 早くもピークを過ぎた中東「なんちゃって反米気分」デモ>>

コメント

尖閣諸島を実効支配せよ

東京都は尖閣諸島購入寄付金で約13億円を集めたが国が購入したために、灯台や船泊まりなどの設置ができなくなった。
釣魚島などを国に20億円強で売って埼玉県に住んでいるという守銭奴の反日地権者はぼろ儲けした。
国は尖閣諸島に移住する人を全国から募ってはどうだろうか。
国際的には尖閣諸島に人が住まなければ実効支配と認められないからである。
しかし民主党政権にはできないから、民主党政権を倒さなければならない。
  1. URL |
  2. 2012/09/18(火) 18:53:12 |
  3. 嫌中・嫌韓 #-
  4. [ 編集]

「じゃあ,まず戦略策定のための情報を集める機関を作らねば」
などと考えると,「そこからですか…」感が強くて,悲しくなってくるのですが.
  1. URL |
  2. 2012/09/21(金) 22:37:16 |
  3. 消印所沢 #-
  4. [ 編集]

佐藤優さんとは真逆の発言ですね。
そんなことしたら戦争になりますよ??
今中国と戦争したら、日本が勝ちます。
だから戦争しちゃいけないんですよ?
  1. URL |
  2. 2012/09/22(土) 00:51:55 |
  3. 匿名 #-
  4. [ 編集]

 尖閣問題は百家争鳴状態ですので、私の駄文を含め、それぞれが意見のひとつと思っていただければ幸いです。もっとも、すべての論者が「中国の意図と今後の動向」を直感に頼っています。それこそインテリジェンスが必要な局面ですが、そこがなかなか・・・・
  1. URL |
  2. 2012/09/23(日) 09:04:47 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/920-196ebe42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。