ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尖閣で逆襲のチャンス

 つい先日書いたことと同じことをまた書きます。中国国内の反日暴動によって、日本側にはチャンスが広がっています。
 中国国内で日本の公館や日本企業が襲撃されました。これで「仕掛けたのは中国側」になるので、日本は早急に強硬な対抗策をとれます。重要なのは、「日本が国有化したから中国が対抗した」という構図ではなく、「中国側が公船を侵入させ、反日暴動を黙認したから、日本は対抗措置を余儀なくされた」という図式にもっていくことです。まず、海保のための何らかの設備(通信機器、補給設備など? あるいは民間人が海に飛び込んで溺れることに備え、救急救命のための設備とか?)を設置し、その保守の名目で海保要員を上陸させておくというのはどうでしょうか? そのあたりから、なし崩しに船舶接舷施設などを作ってしまうとか。
 あちらは、日本側が何をやってもそれを口実に反日行動に出ますから、この際、実効支配強化を速やかに実行しておかないのは損ではないかなと思います。
 中国側の公船の侵入、さらには予定される漁船団の行動などは、要するに既成事実化です。日本側は現在、実効支配という圧倒的なアドバンテージを持っていますが、既成事実化競争で後手にまわっていると、いずれ同点に持ち込まれてしまうでしょう。
 中国政府は既成事実化を図っていますが、その一方で国民のヒートアップを抑制しなければならない難しい立場にあります。反日暴動は共産党独裁政権の国民管理を弱体化させるからです。
 相手の足下を見るというのは、上品な行為ではありませんが、利用するものは利用したほうが得です。中国政府は対外関係がどうあれ、内政上の事情で、いずれにせよ暴動やデモの収束に動かざるをえません。日本側は、そこにつけこまないのは損だと思います。
 ただ、攻撃対象とされる日系企業は、大きな損失を被る可能性があります。もともと中国進出はリスクの高い案件ですが、さすがにちょっとお気の毒ではあります。

 BBCやCNNをみても、トップニュースは世界中に拡大中の反米デモで占められ、日中問題はずっと後のほうですが、すでに「日本領土に中国侵入」ではなく、「二国間の領土問題が過熱」というスタンスで報じられています。CNNでは、「日本側は経済への悪影響を懸念して手をこまねいている」と、日本側に不利な印象で報じていました。
 日本としては、この機会を利用して粛々と既成事実を積み、実効支配レベルを着実に上げていくことが重要と思います。

・・・・・と思うわけですが、日本政府はおそらく何にもせず、中国に口先で抗議するだけでしょう。となると、結果的に中国側がいっきに既成事実強化を成功させたという話になります。
 中国側はまたやるでしょう。ずっとやるでしょう。尖閣を中国側が手に入れるには、かぎりなく武力行使的な実力行使が必要なので、そこまではできないと思いますが(甘いですかな?)、権益を同格で要求するぐらいのところへは持っていかれそうな勢いです。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/16(日) 10:12:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<反米デモとアルカイダ | ホーム | なめんなよ白人デモ&暴動>>

コメント

反米デモとのタイミングの一致。
何らかの繋がりがあるのでしょうか?
  1. URL |
  2. 2012/09/18(火) 00:04:11 |
  3. ぷれっくす #GCA3nAmE
  4. [ 編集]

それは偶然だと思いますが、抑制が緩んでのデモというのは時代のトレンドになっていると思います。
  1. URL |
  2. 2012/09/19(水) 11:33:59 |
  3. 匿名 #-
  4. [ 編集]

すみません。匿名になっていました。管理人です
  1. URL |
  2. 2012/09/19(水) 11:35:23 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/913-42618de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。