ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

急募!

 ある程度定着するまでは……ということで、これまで原則的にワンテーマのムック形式で構成してきました『ワールド・インテリジェンス』ですが、今後、できれば少しずつ時事的な国際情報を増やしていきたい希望を持っています。そこで、もしそうした記事を書いてみたい方がおられましたら、是非とも弊誌への寄稿を御検討いただけますようお願いします。
 内容的には、論文というよりは、ファクトを中心にして、国際ニュースの裏を掘り下げるような、あまり新聞等には出ていないような話が希望です。他誌を引き合いに出すのもナンなのですが、イメージ的にお伝えしやすいので日本語メディアで例を挙げると、『世界週報』(最近廃刊)よりも『選択』に近い感じでしょうか。『選択』から「オレ様」感をセーブしていただけるとベストな感じですね。理想は『ジェーンズ・インテリジェンス・レビュー』ですけれども。
 ともあれ、じつは12月25日発売予定の次号からでも、出来れば、そうした記事を増やしたい希望があります。原稿締切りは今月末。経験不問。やる気のある方求む、です。→<寄稿募集要項はこちら 
 もちろん従来どおりのインテリジェンス関連も募集。特集関連も募集です。ちなみに次号の特集テーマは「アジア&中東の情報機関」を予定しています。じつは弊誌では毎度のことなのですが、恥ずかしながらまだまだ頁に余裕(空き)がありますので、皆様よろしくです。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/05(月) 00:32:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<1日2~3人戦死 | ホーム | 不思議の国の防衛論争>>

コメント

創刊時からの一愛読者として、要望をここに書いておきます。
1、隔月刊として貴誌では時事ネタはあまり適さないのではと思います。もちろん、「イラク」「北朝鮮」「兵器密売」「麻薬組織」などのテーマは時事的でもあり、一、二年で大勢が変わるものでも無いと思いますが。
2、ワンテーママガジンとしてもう少し続けても良いのでは?まだ私としては読みたいテーマはたくさんあります。各号各国別の情報機関特集は「永久保存版」級の価値ありと感じます。
3、あと、細かい連載モノとして「現実と同時進行スパイ小説」とか「公式発表世界の情報機関人事異動」
4、前々号「EU加盟27カ国の情報機構完全ガイド」とても興味深かったです。これを連載にして毎号一ヶ国で1,2ページ各情報機関を解説してみたらどうでしょう・

以上、勝手を書き連ねました。
これからも期待しています。お体に気をつけて頑張ってください。

  1. URL |
  2. 2007/11/12(月) 00:55:10 |
  3. sin #-
  4. [ 編集]

ご要望承りました

 ご意見ありがとうございます。ご要望承りました。
 インテリジェンス分野の専門誌はなにしろ前例がない分野ですので、当編集部といたしましても、試行錯誤&暗中模索状態です。弊社内でも方向性の認識にズレがありますし、編集人である私自身、やりたいことの半分も出来ていないというのが実感です。
 いずれにいたしましても、今後とも、弊誌に対するご意見等がありましたら、どしどしお寄せいただければ幸甚に存じます。
  1. URL |
  2. 2007/11/16(金) 11:19:22 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/91-b743e73c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。