ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

戦闘車両爆破の瞬間

 昨日(24日)にドゥーマで撮影された映像です。自由シリア軍の兵士が政府軍の戦闘車両をRPGで破壊した瞬間です。
▽シリア政府軍の戦闘車両爆破シーン
 自由シリア軍にはRPGが出回っていますので、装甲の弱い戦闘車両は、市街地では格好の標的になります。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/25(土) 19:13:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<シャラ副大統領が1か月ぶりに登場し、亡命・軟禁説が消えました | ホーム | 狙撃される日常>>

コメント

突然ですが、質問させていただきます。

現在シリア軍が保有する戦車や歩兵戦闘車両(BMP)は、「モンキー・モデル」と考えてよろしいのでしょうか?
ユーチューブに投稿される映像を閲覧していますと、余りにも簡単に炎上・爆発している気がします。それとも、RPG-7自体が良く出来た兵器なのでしょうか? 教えていただけないでしょうか。
  1. URL |
  2. 2012/08/25(土) 22:43:53 |
  3. 津田 博之 #-
  4. [ 編集]

 私もその点は気になっておりました。モンキーモデルの可能性は高いと思うのですが、申し訳ありませんが、それに関しては私はまったくわかりません。
  1. URL |
  2. 2012/08/26(日) 09:15:38 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

これはT72では?

はじめまして。いつも拝読させて頂いています。
すごい映像ですね。
だいぶ望遠で撮っているみたいですが、それでも(着弾と爆音の差が1秒ぐらいなので)
300メートルぐらいまで寄っている。射手と車両の距離はよくわかりませんが100メートル前後のように見えます。
車両はT72のように見え、戦闘車両ではなく、戦車そのものです。
(車体前面にV字の渡河時波切板が見え、砲塔ハッチ形状からも間違いないかと・・・)
シリアのT72はモンキーモデルで間違いないと思いますが、RPG7基本型ならば
正面だったら貫通されないはずです。この映像の車両も乗員は無事と思います。
ただ、市街地警備中にいきなりヒットされたら、周りに味方歩兵が大勢いる場合以外では車体を放棄して逃げるしかないとは思いますが。
  1. URL |
  2. 2012/08/26(日) 23:45:39 |
  3. 高岡 #-
  4. [ 編集]

高岡様 ご教示ありがとうございます。
派手に炎上したので、なんとなく一撃で貫通したように思い込んでおりました。
  1. URL |
  2. 2012/08/27(月) 01:34:49 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

黒井様 高岡様 ありがとうございました。

改めて他の動画を見てみますと、撃破されているのは側面攻撃ばかりで、正面から攻撃されても、何の影響もなく動いている動画ばかりであることに気が付きました。お手数をお掛けしました。
  1. URL |
  2. 2012/08/27(月) 19:20:59 |
  3. 津田 博之 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/884-55c32ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。