ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロシア提案は逆効果

 ロシア政府がアナンに対して、安保理常任理事国とシリア周辺国の高官級「連絡調整グループ」の会合を今月末までにモスクワで開催するよう提案しました。ロシアと中国が入っているなら、同じ議論が蒸し返されるだけ。アサド政権に国民虐殺の時間的余裕を与えるだけに終わるでしょう。
 アサド政権存続を前提とするロシア提案は時間の無駄。どころか、さらに犠牲者を生むだけです。
 いま必要なことは、国際社会の対シリア行動からもうロシアを外すことです。ロシアが人道上の害悪以外の何者でもないということは、国連安保理以外の枠組みであれば、すでに国際的コンセンサスを得るに充分なほど外交上の努力が行われてきました。
 それぞれ各国の事情もありますから、NATOの本格的軍事介入は難しいでしょうが、もう後は欧米と湾岸国中心の「シリアの友人連絡グループ」を中心に、国連の人権問題セクションと協力し、人道問題として国際社会の介入を決めていくべきです。安全地帯の設定と反政府派への武器支援だけで、状況は一変します。
「停戦」「交渉」による平和の回復というのは一見、人道的にみえるかもしれませんが、現実的にはもう無理です。アサド政権は国民を皆殺しにしても強権的圧力で政権を維持するという揺るぎない政策を実施しています。なぜなら、そうしないと明日にでも独裁政権は崩壊してしまうからです。
 仮にアサド政権が権力維持に成功した場合、凄まじい弾圧の嵐が吹き荒れます。事態がここに至れば、一日でも早くアサド政権を打倒することが、人々の犠牲を多少とも抑える唯一の道だと思います。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/18(水) 00:39:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本人フリー記者が反政府側取材中 | ホーム | 金正恩はバシャール・アサドになるか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/818-a6bae162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。