ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリア逃亡准将一族のカギを握る女性億万長者

 アサド側近グループから初の離脱者として注目を集めているムナフ・トラス(新聞各紙ではマナフ・タラスという表記が多いので、今後そっちにします。正式な発音はムナフ・トラースに近いですが)元共和国防衛隊准将ですが、タラス一族の多くが今、パリに集結しつつあるようです。父親のムスタファ・タラス元国防相が今のところ反アサドを明言していないので、タラス一族が反アサド運動のひとつの核になるかどうかはまだわかりませんが、マナフはおそらく何らかの役割を担うことになると思われます。
 そんなタラス一族のパリでの活動を実質的に采配している女性億万長者がいます。マナフの姉のナーへド・オジェです。
 ナーへドは現在52歳。18歳のときに、サウジアラビアの武器商人アクラム・オジェ(当時60歳!)と結婚し、大金持ちになっています。TAGグループの総帥で、F1のマクラーレンの共同オーナーであるマンスール・オジェは年上ですが継子に相当します。
 ナーへドは現在、オジェ財団を率いて投資、経営、文化事業などに精力的に取り組んでいるとのこと。ドピルパン元首相など、フランス政界にも知己が多いようです。なんといっても先立つものはおカネですから、彼女の役割もまた重要なものになりそうです。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/08(日) 23:14:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<民主化と欧米化 | ホーム | 金正恩 父子2代で略奪婚?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/793-a5ffffd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。