ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『外事警察~オフィシャル・ガイドブック』に掲載

 いよいよ6月2日に公開される映画『外事警察~その男に騙されるな』のオフィシャル・ガイドブックに、1pだけのオマケ記事ですが、「これが世界のインテリジェンスだ」と題した私めのインタビュー記事を掲載していただきました。
▽外事警察 その男に騙されるな オフィシャルガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 298号)
 以前も書きましたが、原案を書かれた麻生幾さんは、たいへんお世話になってきた古くからの大先輩。たいして関与していませんが、監督やスタッフにもお会いしたことがあります。
 ですが、上記本のオファーはそういったルートからではなく、なんと『軍事研究』映画担当⇒PR会社経由。私の記事などほんの付録程度ですが、麻生さんのお仕事の延長にほんのちょっとでも「絡ませて」いただけるというのは、たいへん光栄なことです。
 冒頭書きましたが、公開は6月2日。皆様もぜひどうぞ!
スポンサーサイト
  1. 2012/05/17(木) 08:18:23|
  2. 著作・メディア活動など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<北朝鮮軽水炉建設再開で狙うウラン濃縮 | ホーム | メキシコ凶悪麻薬組織「ロス・セタス」>>

コメント

映画の公式サイトにもお名前が出ていましたね。映画楽しみです。ぜひ見に行きたいと思います。

ところで、現実の世界でも外事警察が活躍したようですね。中国の大使館員が摘発されるとは珍しいですね。何をしてたんでしょう?
  1. URL |
  2. 2012/05/29(火) 20:22:05 |
  3. Barbados #-
  4. [ 編集]

『外事警察』サイトでは「宣伝に使ってもらったらいいなあ」との下心でかなりベタなコメントを提出したところ、他の方々のコメントがいずれも素晴らしく、我彼のセンスの差に赤面しています。
中国大使館員の件は、内情を知りませんが、もしかしたら民主党関係者への注意喚起の意味もあったりするのかなあ、などと勘ぐったりしてます。
  1. URL |
  2. 2012/05/30(水) 15:20:05 |
  3. 匿名 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/758-b9e151d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。