ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プーチン北方領土交渉進展論のウソ

 何度も書いてきていますが、主要メディア各社が再三報じてきたような「プーチンは北方領土を2島返還で決着したい」というのは間違った分析だと思っています。
▽日本との互恵的協力発展を ロ大統領が外交方針(共同 05/08 08:05)
 大統領に復帰したプーチンはさっそく「外交政策実現の方策について」と題する大統領令に署名しましたが、北方領土問題にはまったく触れていませんね。もともとやる気がないからです。プーチンが領土交渉に乗り気だというメディア報道は、完全にミスリードだと思います。
 2島返還の意向など一度も明言していないロシア当局の公式コメント(何度も繰り返しますが、相手に本気で平和条約を締結する気がなければ「日ソ共同宣言を確認」は「2島返還を約束」を意味しません。情報分析には相手が何を言ったかと同時に、何を言わなかったかが重要ですが、ロシア側は日本側の交渉攻勢に徹底して曖昧な返答で応じ、「2島返還で決着したい」という言質は注意深く避けていることが明白です。つまりそこに踏みこむ気がないわけです)を振り返れば明らかだと思うのですが、なぜロシアを熟知している日本外務省も主要メディアも、希望的観測にすがって楽観情報を繰り返し発信するのかまったく理解できません。
 希望的観測を発言しないと、どこかの方面から政治的圧力でもあるのでしょうか。政治的主張をどうするかはまったく別の問題で、それは国家の意思として独自に方針を決定すればいいだけのことです。が、情報分析はそれとは別で、現実を見ないでいるのはいかにもまずいと思うのですが・・・
スポンサーサイト
  1. 2012/05/08(火) 09:29:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<爆弾魔=イブラヒム・アルアシリ | ホーム | 北朝鮮が国際社会に反発も、やはり平和利用を強調>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/747-29c813a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。