ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

朝鮮労働党第225部&保衛司令部

 北朝鮮で2009年に党から内閣に所属が変わって縮小再編されたとされる秘密工作機関「内閣第225局」(旧・朝鮮労働党対外連絡部)が最近、韓国メディアでときどき「朝鮮労働党第225局」と表記されるようになってきたので不思議に思っていたのですが、北朝鮮情報の第一人者である関西大学教授の李英和先生から、その経緯をご教示いただきました。
 李先生によると、いったん2009年に内閣所属に格下げされた「第225局」は、その1年後に再び党所属に格上げ改編され、正式には「朝鮮労働党第225部」となったそうです。北朝鮮では内閣所属と党所属では格がかなり違うので、いったん内閣所属に都落ちした組織が、内閣で持て余され、党に再び引き取ってもらったことになります。
 とはいえ、第225部の凋落は明らかで、以前ほどの権勢はありません。ちなみに、中井洽・衆院予算委員長(元拉致問題相)と拉致問題で交渉予定だったとされる宋日昊・日朝交渉担当大使はこの旧・対外連絡部(現・第225部)から外務省へ出向している人物だそうです。
 
 ところで、ちょっと前の朝鮮日報に興味深い記事がありました。
▽北朝鮮軍を震え上がらせた「死の3人組」(朝鮮日報 3月23日)
 今年初めの北朝鮮軍部の粛正は、金正覚・軍総政治局第1副局長が主導し、禹東測・国家安全保衛部第1副部長とチョ・ギョンチョル保衛司令官が大きな役割を担ったという情報があるようです。つまり、軍総政治局、国家安全保衛部、軍保衛司令部が組織だって行ったというわけですね。
 このうち、、金正覚(次帥)と禹東測(大将)が軍や国民を監視しているということは両人の出世からも明らかでしたが、ここでチョ・ギョンチョル保衛司令官(上将)の名前が出てきたことが注目ですね。
 保衛司令部は事実上の軍内秘密警察である憲兵部門で、一時期は故・金正日が重く扱い、国家安全保衛部に匹敵する実力組織とみられていました。が、金正日が08年に脳卒中で倒れ、世襲体制を睨んだ権力構造の再建に取り組んだ際、国家安全保衛部に再び権限が集中され、保衛司令部の権限が若干縮小された形跡があります。
 そのとき、それまで保衛司令官だった金元弘(大将)が総政治局組織担当副局長に回され、チョ・ギョンチョルが跡を継いでいますが、軍内思想警察としての機能・権限は総政治局が強化された印象がありました。現在もどちらかといえば総政治局と国家安全保衛部の権限が突出していると思いますが、再び活動を活発化しつつある保衛司令部と、その責任者であるチョ・ギョンチョルの、今後の動向にも注目です。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/26(月) 16:24:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<JBPRESS「北朝鮮の衛星を撃ち落とす?」 | ホーム | シリア爆弾テロの犯人について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/700-635852e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。