ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

著作等のまとめ

 誰やねん、コイツ? というツッコミに対応するため、個人のHPには、よく実績一覧の項目があったりするのですが、ブログにはそういうものがないので、「カテゴリー」欄に貼り付けていた「自著作等の紹介」を少し拡大して「著作・メディア活動など」というものを作りました。
 それで、これからは本だけでなく、主要論文記事や(数少ない)TV・ラジオ出演なども項目を立ててお知らせしていこうと思うのですが、これまでの「自著作等の紹介」も適当にやっていて、なんだかとっ散らかってしまっているので、いったんまとめ直してみます。

著書

『世界のテロと組織犯罪』(ジャパン・ミリタリー・レビュー/98年)
『紛争勃発』(宝島社/00年)
『世界のテロと組織犯罪 増補改訂版』(ジャパン・ミリタリー・レビュー/01年)
『イスラムのテロリスト』(講談社/01年)
『世界のテロリスト~地下ネットワーク最新情報』(講談社/02年)
『自衛隊交戦』(宝島社/02年)
『北朝鮮〈空爆〉へのシナリオ 金王朝の恫喝vsアメリカの決断』(宝島社/03年)
『国際テロ・ネットワーク~アルカイダの全貌』(三修社/04年)
『日本の防衛7つの論点』(宝島社/05年)
『謀略の昭和裏面史』(宝島社/06年)
『北朝鮮に備える軍事学』(講談社/06年)
『日本の情報機関』(講談社/07年)
『謀略の昭和裏面史』(文庫改訂版)(宝島社/07年)
『インテリジェンスの極意』(宝島社/08年)
『謀略の昭和裏面史 新装・改訂版』(宝島社/11年)
『ビンラディン抹殺指令』(洋泉社/11年)

編共著

『生物兵器テロ』(宝島社/02年)(共著者・村上和巳氏)
『地震で壊れる町、壊れない町』(宝島社/02年)(共著者・村上和巳氏)
『自衛隊「戦略」白書』(宝島社/04年)(共著者・加藤健二郎氏)
『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』(大和書房/09年)(解説・佐藤優氏)
『戦後秘史インテリジェンス』(大和書房/09年)(序説・佐藤優氏)

プロデュース作品(企画・構成・編集・執筆)

『自衛隊の実力』(宝島社/99年)
『これから起こる戦争』(宝島社/99年)
『自衛隊の戦争』(宝島社/00年)
『自衛隊の実力』(文庫改訂版)(宝島社/00年)
『日本自衛隊的実力』(台湾国防部史政編訳局/00年)
『自衛隊のハイテク戦』(宝島社/01年)
『自衛隊のハイテク武装』(宝島社/01年)
『自衛隊戦争解禁』(宝島社/01年)
『自衛隊本土防衛』(宝島社/01年)
『未解決事件の謎を追う』(宝島社/01年)
『迷宮入り~昭和・平成未解決事件のタブー』(宝島社/01年)
『公安アンダーワールド』(宝島社/01年)
『公安アンダーワールド』(文庫改訂版)(宝島社/01年)
『自衛隊+在日米軍の実力』(宝島社/02年)(主執筆者・福好昌治氏)
『自衛隊の実力 新装改訂版』(宝島社/03年)
『迷宮入り 新装改訂版』(宝島社/09年)
『公安アンダーワールド 新装版』(宝島社/09年)
『自衛隊は北朝鮮に勝てるのか』(洋泉社/09年)
『戦後「裏」外交史』(洋泉社/10年)
『図解 在日米軍基地完全ガイド』(洋泉社/10年)
『戦後「裏」外交史』(改訂版)(洋泉社/11年)
『地図でわかる世界情勢』(洋泉社/11年)

主な共著(執筆参加)

『生物災害の悪夢』(宝島社/00年)
『世界の特殊部隊』(デルタ出版/00年)
『戦友が死体になる瞬間~戦場ジャーナリストが見た紛争地』(三修社/01年)(共著者・加藤健二郎氏、村上和巳氏)
『タリバン戦争の謎』(双葉社/01年)
『暴走する検察』(宝島社/02年)
『太平洋戦争秘録 超絶 秘密兵器大全』(宝島社/06年)
『世界のスパイ』(宝島社/07年)
『日本を牛耳る巨大組織の虚と実』(宝島社/08年)
『世界を変えたテロ 決定的瞬間』(宝島社/08年)
『暴走する検察』(文庫改訂版)(宝島社/09年)
『昭和・平成コールドケース』(宝島社/09年)
『9大未解決事件の真犯人』(宝島社/09年)
『松本清張の世界』(宝島社/09年)
『山崎豊子 全小説を読み解く』(洋泉社/09年)
『21世紀「坂の上の雲」読本』(洋泉社/09年)
『読むだけですっきりわかる 日本と世界のニュース』(宝島社/10年)
『真犯人に告ぐ~未解決事件ファイル』(朝日新聞出版/10年)
『日本侵略Xデー』(宝島社/11年)
『戦場カメラマンという仕事』(洋泉社/11年)
『機密告発サイト ウィキリークスの真実』(宝島社/11年)
『日本を守る自衛隊』(徳間書店/11年)
『頼もしいぞニッポン自衛隊』(徳間書店/11年)
『激変と動乱の北朝鮮軍と中国軍』(徳間書店/12年)

劇画原作

『満州特務機関』(扶桑社/09年)
『実録 陸軍中野学校』(扶桑社/10年)

(以上、2012年3月現在まで)
スポンサーサイト
  1. 2012/03/06(火) 14:42:40|
  2. 著作・メディア活動など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メディア出演のまとめ | ホーム | 放射線の問題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/675-b009697e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。