ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NHK番組をめぐる放射線バトル

 昨年12月28日にNHKで放送された「追跡!真相ファイル 低線量被ばく 揺らぐ国際基準」に対して、原子力推進派のグループから抗議・要望書が提出されました。(→こちら)
 同番組は私も見ました。室井佑月さんをゲストに呼んで、NHKにしては珍しい反原発サイドの内容でした。組織の意向と違うスタンスに挑戦するという姿勢自体は、私は嫌いではないです(NHKでは他にも深夜枠やEテレ枠ではこうした番組ちらほらやってますね)。
 さて、この抗議・要望に対して、放射線危険派と安全派でバトルになっているようです。
▽原子力をダメにする原子力関係者・・・自らを否定することになる(武田邦彦先生のブログ)
▽NHK番組に噛みついた原子力ムラ「反省の色なし」(『サンデー毎日』2月7日発売号)

 で、片や以下・・・
▽NHKの放射能デマ「低線量被ばく 揺らぐ国際基準」(池田信夫先生ブログ)
▽BPOはNHKの捏造を調査せよ(同)
▽NHKは低線量被曝について正しい番組を放送せよ(同)

 どちらの先生も、けっこう攻撃的な書き方をしますね。私自身はどちらも一面識もない先生ですが、池田論に1票です。
 池田先生のブログは、他にもなかなか興味深いものがいろいろあります。
▽「集団線量」というナンセンス
▽被害妄想が被害を拡大する
▽福島で健康被害は出ない
▽「年間線量」という非科学的な基準
▽「内部被曝」という都市伝説

 こうした問題は、医学・科学の素人にはどうしても判断できませんので、それぞれがいろいろな専門家の意見を聞いて判断するしかありません。私の周囲にも「武田先生のブログだけ読んで放射線危険派になっている」ような人がちらほらいたりするので、放射線が怖くてしかたないという方は、是非とも池田先生のブログの併読をお薦めします。
 逆に私も含めて安全派は、危険派の方の意見も聞くべきなのは言うまでもないことです。ただですね、「原子力ムラ」とか「御用学者」とか書いてるのはちょっと最初からアレなので、あまり参考にならないかも・・・。

(追記)
 自分と反対意見の方の話も聞かねば・・・と思って武田先生のブログを拝見したら、よくわからないエントリーを目にして、ちょっと困惑しています。
▽瓦礫引き受けに関する考え方(1)・・・なぜ、瓦礫を引き受けてはいけないのか?(武田邦彦先生ブログ)
 うーむ、いくら読んでもわかりません。というか、私には難解すぎて途中で読むのをあきらめました。
 正直、私にはやっぱりこちらのほうがわかりやすいです。
▽瓦礫を拒否するエゴイズム(池田信夫先生ブログ)
スポンサーサイト
  1. 2012/02/07(火) 10:30:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シリア ホムス砲撃映像 | ホーム | 沖縄海兵隊グアム移転について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/647-c016a2d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。