ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CNNのシリア・レポート

 1月14日、CNNがフリーランス・ジャーナリストが撮影したホムスの激戦地バーバ・アムルの取材レポートを放送しました。
 今後の再放送は以下です。
1月17日(火)19:30-20:00
1月18日(水)02:30-03:00
1月18日(水)14:30-15:00
 ぜひお薦めしますが、昨日、すでにユーチューブでアップされました。
▽Homs: City Under Siege - CNN Report on Syria
    
 同じジャーナリストの取材(映像も部分的に重複)ですが、こちらは昨年末の放送。ホムスの自由シリア軍の様子、とくにその指揮官のひとりである「トラス元国防相の甥」に焦点をあてています。
▽ホムスの自由シリア軍CNN)

 下は少し前ですが、CBSの女性記者の報告です。12月はじめの放送。
▽A rare look inside Syria's revolution (CBS)

 下は、同じ記者による自由シリア軍の取材。
▽Inside the Free Syrian Army  (CBS)

 国際メディアのシリア潜入ルポが本格化してきました。
 東洋人では風貌が目立つこと、アラビア語を解する人がほとんどいないこと、日本メディアの特派員には危険な取材が許可されないこと、フリーランスには資金面でのハードルが高いこと・・・・等々の理由があり、日本人ジャーナリストの手による潜入レポートは未だありません。
 日本のテレビ局はどうしても「日本人による日本語レポート」でないとオンエアされない傾向があり、それがないニュースはどれほど重要なものであっても黙殺されがちですが、海外局の映像の流用でもいいので、ぜひとも日本の局にもこうしたレポートを地上波で放送していただきたいと切に希望します。

 いずれにせよ、これらのレポートに登場する人たちは、今日も殺され続けています。デモの映像をみると、少年も多いですね。理不尽に殺され続けているホムスの人たちを、なんとか国際社会は救えないものでしょうか。 
スポンサーサイト
  1. 2012/01/16(月) 14:05:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本政府の対北朝鮮インテリジェンス | ホーム | インテリジェンス入門書の決定版>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/633-cbf64b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。