ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『地図でわかる世界情勢』

 久々のムックのプロデュースですが、19日(月)に『激変2012年 地図でわかる世界情勢』(洋泉社ムック)が発売になります。(⇒アマゾン)
 地図解説本は季節の定番商品のようなもので、この時期には類似本がいろいろ出るかもしれませんが、今回は「今」と「今後」に的を絞った非常にアップデイトな作りで統一しました。毎度お世話になっている洋泉社の敏腕編集者K藤クンの仕事はいつも丁寧で、なかなかいい具合に仕上がったと思います。
 私は企画・構成・執筆(他の執筆者の方々の署名記事以外のところ。全体の3分の2弱くらいですね)・地図&図版原案(地図は1点除き全点)を担当しました。
 他の執筆者は、佐藤優氏(作家)、三橋貴明氏(経済評論家)、中岡望氏(東洋英和女学院大学教授)、富坂聰氏(ジャーナリスト)、国末憲人氏(朝日新聞前パリ支局長)、副島英樹氏(朝日新聞モスクワ支局長)、桑瀬知欧氏(大手メディア・ソウル特派員)、須貝信一氏(ネクストマーケット・リサーチ代表取締役)、森辺一樹氏(ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ代表取締役)と錚々たる顔ぶれです。
 地図本は前にもやったことがあるのですが、何がたいへんかというと、最新情報のとりまとめですね。おかげで、現在進行形の世界情勢を全大陸にわたって集中勉強できたので、個人的には非常に有意義な仕事でした。 ただ、イエメンとかミャンマーとか、校正中にも情勢が変わったりして、その都度書き直しも。中国関連でも途中で新資料が発表されたりして、てんやわんや。今はまさに時代の転換期なのだなーと実感です。ムックというより、時事月刊誌の記事を執筆している感じでしたが、自分はそういうのが性に合ってる気がします。
 今年はとにかく311震災がありましたから、昨年に当ブログでやったような「今年の10大ニュース」的なエントリーはちょっと書く気になれませんが、代わりに2012年の予測的なものを、近々書いてみようと思います。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/16(金) 11:51:17|
  2. 著作・メディア活動など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロシアがアサド切り? | ホーム | F-35と海兵隊グァム移転>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/612-dd7ffbcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。