ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(写真館33)マイナス20kgの頃

 最近、拙ブログ「写真館」シリーズもかなり懐古趣味になってきていますが、こんな写真もあり。SNSにアップしてみたら知人関係にはちょっと好評だったので、調子に乗ってみます。
nica-self3JPG_convert_20111207081434.jpg
 今からマイナス23歳、マイナス20kgの頃の私の、個人的な記念写真です。
 中米ニカラグアの反政府ゲリラを従軍取材中、部隊の燃料補給待ちが何日も続いたときがあって、その間、軍事訓練を受けてみました。射撃の成績は、まあまあ悪くありませんでした。止まっている的を狙った範囲ですが。
 SNSでも質問が出たのですが、使用している銃はAK47です。反共ゲリラなのですが、武器はCIA資金で、ダミー商社経由でブルガリアの武器商社「キンテックス」から購入したと聞いています。
 キンテックスは当時はKGB配下だったブルガリア諜報機関のフロント企業なので、CIAの敵サイドになるのですが、どういうカラクリなのかはよくわかりません。武器ビジネスの世界はとにかく奇奇怪怪です。
 ただ、世界のどこでも、左右どちらでも、ゲリラはどこも基本的にはAKシリーズです。非ソ連製コピーとかも大量に流れていますが、とにかく安くて強くてメンテも楽で、と大人気。質の良いものは、やはり現場ニーズがあるのですね。
 ちなみに、数えたわけではありませんが、私の印象ではニカラグア反政府軍の95%くらいはAKだったと思います。残りはM16、G3、FN-FALとかでしたが、幹部クラスにはFALが人気ありました。どうせなら全部AKにしたほうがいいと思うのですが、FALを持っていると「クールだぜ」というような雰囲気がありましたね。

(追記)
 私をドンパチ好きなガンマニアと思われた方もいたようなので、誤解なきよう追記します。
 武器一般に興味はありますが、それだけです。私はへタレなので、鳥を撃つこともビビって出来ません。ゲリラが撃ち殺した鳥の肉は謹んで頂きましたが、自分で殺すのはダメですね。兵士はおろか、狩猟が必須科目の英国貴族にもなれそうにないです。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/07(水) 07:25:48|
  2. 写真館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「粉ミルクからセシウム」報道について | ホーム | 中国&ロシアのサイバー攻撃、無人機撃墜など>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/597-a153b8c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。