ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

女性ジャーナリストのシリア潜入

 今週、当ブログでいくつかのシリア潜入映像番組を紹介しましたが、さらに凄い番組が出ました。イギリスのチャンネル4の番組「アンリポーテッド・ワールド」が放送した「アンダーカバー・シリア」というドキュメンタリーです。
▽アンダーカバー・シリア(チャンネル4)
 制作は、紛争地取材に定評のあるイギリス・オックスフォードの映像プロダクション「クイックシルバー・メディア」。レポーターは若い女性ジャーナリストで、エンドロールをみると、実際にカメラをまわしている取材ディレクターはアラブ系(男性)ですね。
 番組は約24分間。ほぼすべてが現地ルポで、これまで紹介した他の番組よりかなりプロフェッショナルな作りです。まさに体当たりレポートで、夜間移動、デモ、さらには活動家のアジトで隠れるシーンなど、なかなか緊迫感もあります。全編英語なので、わかりやすいですし、興味のある方にはぜひお薦めします。
 レポーターのラミタ・ナバイさん。ちょっとカッコいいので、少し調べてみました。
 イギリス出身のイラン系イギリス人。03年に大学卒だそうですから、おそらくまだ30歳ちょっとくらいですね。大学卒業後に『ザ・タイムズ』のイラン特派員をやっています。アフガニタン、カシミール、イラクなどさまざまな場所を取材していて、他にもインデペンデントやガーディアン、サンデーヘラルド、アイリッシュ・タイムズなどのさまざまな媒体で仕事をしています。
 最近はチャンネル4の「アンリポーテッド・ワールド」がメインで、イモト並みに文字通り世界中を取材していますね。ジャーナリズムの受賞もあり、私は知りませんでしたが、イギリスでは著名なジャーナリストのようです。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/23(日) 14:12:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<日本人をよく知っている米国防大学研究所 | ホーム | シリア逮捕者増>>

コメント

ラミタ・ナヴァイさんについて

http://en.wikipedia.org/wiki/Ramita_Navai

によると、1971年7月生まれの40歳みたいですね。
つい最近、NHKのBSでその番組をやっていたので
自分もちょっと調べてみました。
  1. URL |
  2. 2012/03/04(日) 04:42:42 |
  3. あべ #yl2HcnkM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/536-27544f41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。