ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリアのスカイプ接続

 あるジャーナリストの方から「シリア人の知人に連絡したいが、スカイプで繋がらないようだ」とのご指摘をいただきました。
 そこで、ある第3国にいる協力者を通じてトライしてもらったのですが(私は現在、実名で反シリア政府的な立場で執筆活動しているので、情報源のセキュリティのために直接はシリア内と連絡していません)、普通にスカイプで話ができたし、データも伝えられたとのこと。とくに迂回路を通じるなどの特別なことはしていないようです。
 どういうことか、ちょっとよくわかりません。もしかすると私の協力者がシリア保安機関の何らかのトラップに監視されているということでしょうか???
スポンサーサイト
  1. 2011/09/20(火) 18:52:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<死体とリアリティと「理解」 | ホーム | 三菱重工を狙った中国ネット軍のサイバー・スパイ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2011/09/21(水) 15:15:42 |
  3. #
  4. [ 編集]

 追加情報です。協力者に再度確認をとったところ、シリア国内在住者とスカイプで最後に話したのは9月10日頃だったとの由。その後、しばらく使っていなかったそうで、15日頃に試した際には、こちら(某国)からは通話できなかったものの、相手のアカウントは生きていて、相手がシリア国内の仲間とスカイプ通話している様子を一方的に聞くことはできたそうです。
 ですが、一昨日に再度試みた際には、どの相手のアカウントとも繋がらなかったということでした。なので、現時点ではダメなようです。
 どういう仕組みになっているのか、ちょっとわかりません。ちなみに協力者のコンタクト相手というのは、ネットにはかなり詳しい人物です。
  1. URL |
  2. 2011/09/21(水) 15:49:23 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

黒井先生、御無沙汰してます。さて、シリア当局によるインターネット管理状況ですが、下にイスラエル占領下ゴラン高原出身の親シリア派ドルーズ教徒の学生のインタビューが乗ったハアレッツ紙の特集記事にありますが、例えばシリアでニューヨーク・タイムズを見る時にIDナンバーを入れなければならなく、BBCに移る時にはまたIDナンバーを再入力し直さなければならない様な徹底した当局による管理がある様です。

There are no human rights, there is no freedom and no future for the average person. At Internet cafes, you have to punch in your ID number before going into Facebook or world news. You constantly feel that you are under the scrutinizing eye of the regime. For me personally, it was no longer appropriate."

http://www.haaretz.com/weekend/magazine/the-truth-about-the-revolution-in-syria-1.375942

シリアの状況をレバノンやエジプトと同様に考えていては駄目でしょう。シリアは中東の北朝鮮です。因みに最近トルコのエルドアン首相はアサド政権をもうすぐ倒れるだろうと見捨てた模様です。
http://www.voanews.com/english/news/africa/Turkey-PM-Recep-Tayyip-Erdogan-Syrias-Oppression-Will-Not-Survive--129966283.html
  1. URL |
  2. 2011/09/25(日) 16:53:53 |
  3. 道楽Q #-
  4. [ 編集]

 私がちょっと前に聞いた話ですと、個別回線(電話回線)の場合、プリペイドカードのコード入力でネット接続し、その後はとくにコード入力はナシ。プロバイダーも電話(通信)会社も秘密警察直結ですから、もちろん監視されます。
 ネットカフェの場合、基本的には店のパソコン使用で、とくに個人のIDコードを入力する必要はナシ。ただし、入店時に身分証を提示しなければなりません。店はすべて秘密警察の監視下にありますから、接続ログなどは筒抜けになります。
 外資系のカフェのチェーン店などのいくつかでは、WIFI可能なところがあって、そこだととくに身分を明かさすにネット接続可だそうです。とくにIDコード入力も不要。
 ただし、以上は現在、変化している可能性も高いです。
  1. URL |
  2. 2011/09/27(火) 10:39:11 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/506-ab0a48f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。