ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

普天間の嘉手納統合案

嘉手納統合案を検証=予算大幅削減で-次期米国防副長官
 在日米軍というのは、アメリカにとっては世界戦略の要のひとつですが、日本にとっては防衛の柱です。で、そのもっとも重要な役割は、「そこに米軍がいる」という1点です。米軍が日本にいれば、それだけで中国も北朝鮮もロシアも手は出しません。
 ですが、何事も程度の問題で、私の見方は「たくさんいすぎるのではないか」ということで、「もっと少なくてもいい」と考えています。
 以前も書きましたが、在日米軍の規模がこれほど大きいのは、占領時代・冷戦時代からの惰性であります。なので、アメリカに「減らせ」と要求するのは、妥当な権利ではないかと思います。
 海兵隊の普天間飛行場の機能を、空軍嘉手納基地に統合する案が米議会から出ていますが、現実的にはそれがベターだと思います。米空軍の機能が多少は弱体化する可能性がありますが、米空軍は烏山、群山、グアムにも大規模な基地がありますし、比クラーク復活も含め、その気になれば先方でなんとかします。日本が心配する筋合いではありません。それは嘉手納返還となれば大問題ですが、嘉手納温存のかぎり、安全保障環境の基本構造は変化しません。
 米軍の機能低下は日本の安全保障に有害と考える方もいますが、アメリカは必要とあれば、軍事力を減らさない方途を自分で考え、実現する能力があります。日本ごときが心配することはないですね。
 嘉手納町は騒音増大で絶対反対ですが、ヘリが増えても、将来的にジェット戦闘機の離発着が減る可能性があります。そこは別途、平時の騒音低減を米軍と交渉ということが必要です。
 カネの問題で米議会で問題化しつつある海兵隊グアム移転も、強く要求すべきではないかと思います。というか、米軍の戦略に他国が口を出す必要はなく、「どこでもいいから、わが国から減らせ」でいいです。その他にも、あまり使っていない施設も多いので、どんどん返還を要求すべきです。
 移転費用の心配はアメリカ政府がすべきです。日本は、基地反対運動を利用してアメリカ政府と強い態度で交渉すべきでしょう。交渉とは、外交上の戦争みたいなもので、まずは要求を突きつけてナンボだと思います。
 それで気まずい関係になったとしても、日米同盟の弱体化など起こりません。現在、在日米軍施設は、米軍専用が56箇所、自衛隊などと一部共用の場所が28箇所もあります。日米同盟は日本防衛以上に、米軍にとってものすごいメリットがありますから、多少の返還要求ぐらいで、アメリカは同盟を解消したりしません。三沢、横田、横須賀、座間、厚木、岩国、佐世保・・・沖縄以外でもこれだけタダで使える膨大な施設があるのに、アメリカが日米同盟から手をひくわけはありません。
 交渉テクの一環としては、返還施設の一部は自衛隊管理で軍事機能を温存し、有事の際に米軍も使用できるようにする必要はあります。むしろそっちが軍事同盟の本来の姿ですね。
 要するに、本来の軍事同盟の姿に近づけるのが、ベストだと思います。たとえば▽自衛隊の海外での武器使用緩和▽武器輸出三原則見直し、さらには▽憲法改正▽集団的自衛権行使容認▽海外での戦闘参加容認▽国際的集団安全保障への積極的参加▽日米安保条約の双務化▽スパイ防止法・軍事機密保全措置の導入、などを徹底し、そのうえで▽日本防衛に必要最低限なレベル以上の「占領地」の返還、というのが、すっきりしていいのではないかと思うわけです。

 とにかく私の主張は、日本防衛に相応しいレベルの相互負担による日米安保体制であります。戦後65年以上も経つのに、外国の占領地がこんなに残っているのは、異常だと思います。航空管制もそうですけど。これでは「属国」と言われてもしかたないのではないかと思います。
 で、その代わり・・・同盟してるのに一国平和主義という欺瞞に閉じこもるのはもうやめて、堂々と普通の国になればいいのではないかと思うわけです。
 同盟してるのに一国平和主義という欺瞞・・・などと書くと、右翼の主張みたいですが、それでこれまで日本はどんな利益を得てきたかリアルなところを指摘すると、「自衛隊員が海外で誰も殺さず、殺されずにすんだ」ということです。で、普通の国になるということは、そういう「特別扱い」も放棄することになります。自衛隊員が海外の紛争地で戦死することが不可避です。が、世界が平和でない以上、それがリアル世界というものです。
 これまでどれだけの外国の兵士たちが、自国の安全保障以外の任務で戦死したか、日本人はあまりにも他人事ではないかなと思います・・・と、つい話がそれました。
 以上、右からも左からも怒られそうですが、冒頭のニュースにそんなことを考えました。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/14(水) 12:02:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<駐シリア日本大使が反体制デモ支援 | ホーム | 北朝鮮「脱北者」船?能登沖へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/498-f801dab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。