ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

前原誠司氏関連本

 私はとくに右だの左だのの高らかな思想などは持ち合わせておりませんが、強権体制が打倒されたことは、素直に喜びたいと思います。リビアの方々、おめでとうございます。さあて次はシリア、できればイランあたりも期待したいですね。

 さて、民主党代表選に前原誠司氏が出馬するとのことで、いっきに大本命だそうです。ということは、順当なら次期総理ということになりそうです。
 で、前原氏の考えはどんなものか?とアマゾンで著書を検索してみたところ、たった3冊しかヒットしませんでした。で、そのうちひとつが、氏の著書ではありませんが、私が6年前に企画構成&取材編集した別冊宝島『石破茂・前原誠司ほかが集中講義! 日本の防衛 7つの論点』でした。古い本ですが、前原次期首相?の国防の考え方がわかります。もう絶版ですが、興味のある方は図書館・古書などで是非どうぞ。⇒アマゾン 
 ちなみに、当時取材した前原さんは、私と年齢がそんなに変わらないのに「なんてソツがないんだ!」ということが強く印象に残っています。話は理路整然としてますし、やっぱり頭がいいんだなあ・・と。なので、その後の野党・民主党の代表時代の偽メールでの大チョンボが「なんで?」という感じです。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/23(火) 01:58:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<BSフジでシリア情勢 | ホーム | リビア情勢急展開の裏側>>

コメント

質問です。

『【モスクワ時事】ロシア極東サハリン州の国境警備局は22日、北方領土の国後島沖合をゴムボートで航行中に逮捕された日本人男性クリヤマ・ケイスケさん(37)が同島のユジノクリリスク(古釜布)に移送され、健康状態に問題はないことを明らかにした。インタファクス通信が伝えた。』

とありますが、日本の所謂“スパイ”の潜入失敗でしょうか??
いきなり申し訳ございません。気になりまして…m(_ _)m
  1. URL |
  2. 2011/08/23(火) 11:11:58 |
  3. アンタエシタ #xHucOE.I
  4. [ 編集]

すみません。まったくわかりません。スパイということはないと思いますが。
  1. URL |
  2. 2011/08/24(水) 12:15:19 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/473-0101ffd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。