ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国空母「ワリャーグ」

 TBS報道局様より中国空母「ワリャーグ」試験航海に関して取材していただいた拙コメントが、昨日の「Nスタ」「NEWS23」および今朝の「みのもんたの朝ズバ」様に採用していただきました。私見では、先週の『週刊朝日』に書いたように、中国版ワリャーグなど全然どうってことのないものだと思っているのですが、やはり世間では関心が高いようです。
 所用にて放送は結局どれも自分では見られなかったのですが、拙ブログへのコメントで、道楽Q様がユーチューブへのリンクを貼ってください、拝見することができました。道楽Q様、ありがとうございました。

 また、先週のことですが、拙著『ビンラディン抹殺指令』が「朝日新聞」書評欄にて紹介されました。ビンラディンは早くも“過去の人”という雰囲気ですが、拙著はどちらかというと“CIAの実態”に力点を置いていますので、少なくとも「CIAの活動に興味のある方」には興味を持っていただけると思います。こちらもよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/11(木) 23:10:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<朝日社説でシリア問題 | ホーム | 北朝鮮は核で妥協はしない!>>

コメント

お役に立てた様で良かったです。それから、黒井先生は7月付けのSAPIO誌でも記事を書いておられましたが、このブログでその案内はありました?
  1. URL |
  2. 2011/08/22(月) 21:15:25 |
  3. 道楽Q #-
  4. [ 編集]

 中国をメインに、世界のサイバー戦についての記事だったと思いますが、たしか拙ブログでもご案内していたと思います。サイバー戦に関しては、国内メディアに参考記事が意外に少ないので、拙稿はともかく、同特集の他の方々の記事はたいへんためになったように記憶しています。
  1. URL |
  2. 2011/08/23(火) 02:35:43 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

日航ジャンボ123便 垂直尾翼右側外板切断面とソ連Tu-95ブレードの形が一致している。

日航ジャンボ123便 垂直尾翼右側外板切断面とソ連Tu-95ブレードの形が一致している。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/640.html
投稿者 愉快通快 日時 2011 年 12 月 23 日 08:41:31: aijn0aOFbw4jc




日航ジャンボ123便 垂直尾翼右側外板切断面とソ連Tu-95のプロペラの形が一致している。



<参考>
JAL123便JA8119号機垂直尾翼右側外版残骸とソ連Tu-95ブレード比較
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6549.jpg

JAL123便コックピット「ソ連エア」
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/638.html

JAL123便コックピット「機長、他機に接近」
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/639.html

JAL123便 乗客小川さんが機内から撮影した写真にTu-95ベアが写っている。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/632.html
  1. URL |
  2. 2011/12/23(金) 13:43:27 |
  3. 123 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/465-8edb0515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。