ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『新装・改訂版 謀略の昭和裏面史』

 まだちょっと先ですが、7月7日に拙著『新装・改訂版 謀略の昭和裏面史』が発売になります(⇒アマゾン)。
 本書は宝島社の文庫版で、オリジナルは2007年の発売でしたが、それ自体が2006年発売の別冊宝島の改訂版になります。つまり、もとは2006年の『ワールド・インテリジェンス』創刊の直前頃の仕事でした。
 今回はそれに、『ワールド・インテリジェンス』創刊後に調べたCIA機密解除文書情報だとか、ミトロヒン文書情報だとか、陸幕2部別班情報だとかと多少加味しました。また、岸信介や瀬島龍三の項、さらに版元様のリクエストにより、いま話題の原発ネタということで、「日本に原発を作った正力松太郎」という項を新たに追加しました。
 で、字数が多くなりすぎたので、オリジナルにあった巻頭のインタビュー2本と他数本の記事が割愛され、代わりに「昭和史を知るキーワード」という項を序章として書き加えた次第です。
 今回の改訂版制作にあたって、自分でも久々に読み返しましたが、やっぱり大戦中の陸軍特務機関と戦後のG-2や旧軍人脈などの水面下の活動は興味深いですね。
 私がこれまで手がけてきた本のなかでは、『自衛隊の実力』という本がセールス的には圧倒的に好成績だったのですが、この本はたぶんその次くらいに、お蔭様で御好評いただいたものです。他はほとんどマニアックな本ばかりなのですが、この本は日本の現代史に興味がある方ならどなたにも楽しんでいただけると思いますので、よろしくお願いします。
 いや、それにしてもこの数ヶ月は、ウィキリークス、中国ネット検閲、自衛隊、アルカイダ、CIA、中東情勢、原発、児玉誉士夫なんかを同時進行で追いかけて、なんだかどっと疲労しました。出版不況のなか、たいへんありがたいことですが。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/18(土) 21:12:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『ビンラディン抹殺指令』発売のお知らせ | ホーム | 新刊『ビンラディン抹殺指令』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/446-fe58cbed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。