ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

インテリジェンスの基本テキスト

 本日発売の『SAPIO』に「もはやアメリカの手におえないポスト・アルカイダの報復テロ戦争」という記事を寄稿しました。先日のエントリーにも書きましたが、私の注目はパキスタン・タリバン運動のハキムッラー・メフスードです。なんといっても、しばらくはこの男ですね。ビンラディン死後、パキスタンの海軍基地襲撃など、すでに怒涛のテロ攻勢に出てます。

 今週発売された『週刊アサヒ芸能増刊 頼もしいぞニッポン自衛隊』というムックに、記事を4本寄稿しました。(⇒アマゾン)
 私の担当は、「東北方面総監部に設置された災統合任務部隊司令部の取材&解説」「米海兵隊CBIRF&米軍の対化学生物核放射線部隊の解説」「中央特殊武器防護隊の解説」「匿名記者座談会の司会・構成」です(日程の関係で原稿送付のみだったのでタイトル等わかりません。現物もまだ見ていないので)。私もこれまでよく知らなかったのですが、米軍4軍の化学生物放射線対策の規模はものすごいですね。事故や戦争というより、あちらは明確に「テロ対策」の観点です。主力はやはり陸軍ですが。

 ところで、アマゾンの案内メールで知ったのですが、ついに待望の翻訳書が出ましたね。
『インテリジェンス 機密から政策へ』マーク・ローエンタール著
(⇒アマゾン)
 これはもうあまりに有名なインテリジェンス理論の基本テキストです。インテリジェンスを学ぶ世界中の学生が、最初に手にする本といっていいでしょう。私がインテリジェンスに興味を抱くようになった頃、ジェフリー・リッチェルソンやジェームズ・バムフォードなどの情報機関解説書などとともに、夢中になって読んだものです。私は本来はどちらかというと、ロバート・ベアとかリチャード・トムリンソンとかジョーブレーカーのWゲイリーとか、ちょっと暴露系の手記も好きなのですが。
 翻訳者は、『ワールド・インテリジェンス』にもご登場いただいた元外務省国際情報局長の茂田宏さんです。茂田さんのウェブサイトも非常にためになる情報が多く収録されています。⇒国際情報センター

 最近ちょっと立て込んでいて、書籍に目がいっていなかったので、アマゾンでチェックしてみました。インテリジェンス関連書が結構出ていましたね。

『国家戦略とインテリジェンス』⇒アマゾン
著者は『ワールド・インテリジェンス』で連載をお願いしていた奥田泰広さんです。

『インテリジェンスの基礎理論』⇒アマゾン
著者は慶応大学の小林良樹先生。私は面識はありませんが、警察庁出身の方ですね。

『日韓インテリジェンス戦争』⇒アマゾン
著者は町田貢さん。元外交官の方だそうです。

『速習!ハーバード流インテリジェンス仕事術』アマゾン
著者は『ワールド・インテリジェス』以来お世話になっている北岡元先生です。ビジネス・インテリジェンスの方面ですね。

 ちょっと今は立て込んでいるのですが、落ち着いたら全部読みたいと思います。まずは初心にもどってローウェンタールを訳書で復習かな。私のダメダメな語学力では、内容を誤読していた可能性なきにもあらずだったりして・・・。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/25(水) 17:49:28|
  2. 著作・メディア活動など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<自衛隊シミュレーション | ホーム | 原発災害に参考にしたい医療専門家の意見>>

コメント

いつも楽しみにして拝読しております
ありがとうございます
スパとアサヒ芸能別冊かわせていたたきます
  1. URL |
  2. 2011/05/25(水) 19:58:46 |
  3. jpn7940 #-
  4. [ 編集]

古くなりましたが、この記事読みました。一目でアフガンとパキスタンに緊張があると分かり易い地図が載ったものでしたが、ところで黒井先生は『SAPIO』誌には2007年に二度記事を書かれています。その内の1つも地図の載ったもので、もう1つ記事の後ろには日本最高のピョンヤンノロジスト恵谷治さんによるレバノンの宗派別図解記事がありました。私はここ数年「中東と朝鮮半島の関係」に関心があるのですが、恵谷治さんが長年レバノン情勢に注目していてその方面の先駆者だとは意外でした。
  1. URL |
  2. 2011/07/29(金) 17:00:30 |
  3. 道楽Q #-
  4. [ 編集]

 私の世代ですと、恵谷さんはむしろ地平線会議系の冒険家で、西サハラやアフガンスタンを駆ける戦場ジャーナリストというイメージが強いです。ソ連軍の分析本を出版されたとき、「あれ、こういう分野もやるんだ」と意外に思った記憶があります。
  1. URL |
  2. 2011/07/30(土) 16:16:31 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/436-18846898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。