ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビンラディン都市部潜伏説を語っていたISI元長官

 ビンラディンは部族地域ではなく、パキスタンの都市部に潜んでいるのではないか・・・そんなことを誰かが語っていたことを記事に書いた記憶があったのですが、すぐに思い出せなかったので、デスクトップを検索して探してみました。
 すると07年12月出版の『ワールド・インテリジェンスVOL⑩』の「インテリジェンス・ニュース」という欄の原稿下書きファイルにありました。紙数の関係でこのネタをカットしたため、同号には実際には収録していませんでした。
(以下、当時の原稿<案>) 
「ビンラディンは都市部に潜伏」説

 パキスタン軍統合情報部(ISI)の元長官アサド・ドュラニ中将は10月9日、ロイター通信記者のインタビューに対し、「ビンラディンは都市部に潜伏しているのではないか」との見方を示した。 
 同通信によると、ドュラニ中将は、「部族地帯では部外者に関する情報が早く広まるため、数年にわたって身を隠すことは困難である」と語ったという。 また、いくら彼らが客人を大切にする習慣を持っていたからとはいえ、「4~6年にわたって部族の人たちがビンラディンを匿うことが可能かどうかはわからない」と指摘した。
 さらに、アメリカが2500万ドル(約30億円)もの懸賞金をかけているため、「こういった情報はすでに漏れているはずだ」とし、そこに密かに隠れ続けるのは非常に難しいはずだとの考えを示した。
 ところで、10月9日付『ワシントンポスト』は、米民間組織「サイト研究所」が、ビンラディンの映像流出で米政府を批判していると報じた。
 どういうことかというと、同研究所は何年もかけて密かにアルカイダの情報を監視する技術を開発し、彼らの情報通信を監視してきており、そこでこの9月7日に新たなビンラディンの声明ビデオ映像を入手したのだが、それを米政府に提供したところ、ただちに米テレビ局に提供され、同日中に各局が放送してしまったのだ。同研究所はまもなくアルカイダが公表するので、それまで米政府には公表を控えるように要請したようだが、それが守られなかったことで、アルカイダが情報ルートを察知し、遮断されてしまったというのである。
(以上)

 ISIがビンラディンを匿っていたならば、大物の元司令官がそれを知らなかった可能性は低いと考えられます。CIAがビンラディン潜伏情報の端緒を掴んだのは09年とのことですので、07年10月にISI元長官がそのようなコメントをしたということは、ISIは知らなかったということなのでしょうか?
スポンサーサイト
  1. 2011/05/07(土) 15:32:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<シリア軍の弾圧が続く | ホーム | シリア12師団が反乱?>>

コメント

これですね。
あと、朝日新聞がウィキリークスで公表された米外交公電のことを報じていますね。

ビンラディン容疑者、都市部に潜伏の可能性=ISI元長官
2007年 10月 10日
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-28278220071010
  1. URL |
  2. 2011/05/09(月) 20:28:00 |
  3. 匿名 #-
  4. [ 編集]

初めまして。

一部では『ラディンをISIが匿っていたのでは?』との話もありましたよね?
特に襲撃に際して米国がパキスタン政府にも全く話を通していなかったという報道がありましたから余計にそれを疑ってしまったのですが・・・。

ドュラニ中将がISIから離れた後にラディンの支援に回ったのか、それとも元々関わりが無かったのか。
非常に面白いですね。
  1. URL |
  2. 2011/08/15(月) 04:04:03 |
  3. キズメガネ #-
  4. [ 編集]

 ISIについては、興味があって結構調べたりしたのですが、公開情報だけではよくわかりません。わからないから、それで実態以上に伝えられている可能性もあります。得体の知れない闇の部分は間違いなくあって、極めて怪しい組織なのは確かなのですが。
 ただ、組織としてビンラディンを匿っていたということは、ちょっと考えられないと思います。
  1. URL |
  2. 2011/08/16(火) 10:04:00 |
  3. 匿名 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/431-53e0ff9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。