ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリア12師団が反乱?

 シリアでは、全土で反政府デモがさらに拡大しています。また、ここ数日の動きとしては、これまでデモ隊に向かって実弾を撃ちまくっていたアムン(公安警察)の要員が、暴力を少し緩和してきています。もう2ヶ月も神経を張り詰めたフル稼働だったので、弾圧疲れが出ているのと、あとはやはりデモの拡大に直面して、アムン要員のモチベーションが下がっているものと思われます。
 それでマーヘル・アサド指揮下の第4師団と共和国防衛隊を中心に、軍が出動するようになっているのですが、軍は今のところアムンほど露骨な暴力を使用することは控えています。

 ところで、SNSで喜ばしい情報が流れています。映像はまだないので現時点では噂の段階ですが、この手の情報はこれまで比較的誤報が少なかったので、いちおう紹介します。
 現在、ホムスで熾烈なデモ弾圧が行われているのですが、同地を管轄する第12師団のムハマド・ビン・ジャマル・ハムドゥーン司令官が反政府デモ側に合流し、アムン(治安部隊)と交戦状態に入ったとのことです。これまで末端の兵士の造反はありましたが、部隊ごとの反乱は初の情報です。事実であれば嬉しいのですが。
 それで、いまや革命の最大拠点となっている南部ダラアに投入されていた第4師団が、ホムスに向かって移動を開始したとの情報も流れています。ここ数日は、ホムスの動静が注目されます。

 ところで、要員不足のアムンが5000人の新要員を緊急募集したとのことです。よほど切羽詰っているのか、応募条件も「事務仕事はできなくていい」「読み書きができなくてもいい」となっているようです。ただし「肥満は不可」だそう。もうあからさまに戦闘要員の補充ですね。
 肥満といえば、連日のデモで、日頃ほとんど運動をしないシリアの男たちが、だいぶ「減量してきた」そうです。映像をみるかぎりでは、日本人の感覚ではまだまだメタボな人が目に付きますが。
 今年のシリアは珍しく雨振りがちで、今のところそれほど気温が上がっていないようですが、そろそろ灼熱の夏に入ります。そうなると、デモは夜間中心にシフトしていくかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/07(土) 12:12:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビンラディン都市部潜伏説を語っていたISI元長官 | ホーム | ビンラディン後継者はハキムッラー・メフスードか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/430-ecab5cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。