ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デモ弾圧の残虐映像について

前エントリーで、シリアでのデモ弾圧を地元の人々が撮影した様々な映像を紹介しましたが、その後も非情な「虐殺」は継続していて、そうした現場からの凄まじい映像が続々と配信されています。
 いずれも非常に残虐で激しい映像ですが、凄まじいリアリティの映像です。これを命がけで撮影し、命がけでネットにアップした方に敬意を表したいと思います。私からすると、前エントリーで紹介した「▽ダラア近郊イズラアのデモ虐殺その1」などは、ピューリッツァー賞以上の価値あるものに見えます。非常に残虐で激しい映像ですが、こういった映像を命がけで撮影し、命がけでネットにアップしている方々に少しでも応えるため、ひとりでも多くの方に目にしていただきたいと思います。新聞で「シリアで死者100人」などという文字を見てもたいていの人は何も感じないと思いますが、それはどういう意味なのか、どれほど残虐な現実があるのか、こうした映像でリアルに知ることができます。
(なお、中には遺体の損傷をことさら詳細に撮影している映像もありますが、それは何も残虐趣味ということではなくて、ホローポイントあるいはダムダム弾のようなものが使用されているのではないかと指摘するためのもののようです。反政府SNSでも話題になっていますが、私の知る限り、通常の自動小銃弾でも人間の脆い肉体にはかなりの損傷を与えるので、ちょっとそれらの映像だけでは私には真偽は判断できませんが・・・)
 3月にデモが始まったばかりの頃は、恐々と撮影している映像には、何のことだかよくわからないものも多かったのですが、最近は現地の人も上手くなって、しっかり撮影できるようになってきました。SNS内でも撮影方法の指導があって、場所や時間、状況などのナレーションを同録で録音している人も増えてきました。SNS内では、「オレの映像がアル・ジャジーラに使われた!」「CNNで使われたぜ!」などといったコメントも出てくるようになりました。
 実際、映像を見ても、もの凄く多くの人が携帯電話をかざしていることがわかります。ちょっとやりすぎな感じの人もいますが、丸腰で銃弾に立ち向かっている現地の人々にとって、唯一の武器であり、唯一の希望の綱でもあるのが、こうして彼らが命がけで撮影し、ネットにアップしている映像なのだと思います。

 デモ弾圧に、本格的に軍が出動しているようです。首都郊外での治安部隊の弾圧は、アサド大統領の母方の従兄弟で、以前に当エントリーでも紹介した政商ラミ・マフルーフの兄のハフェズ・マフルーフ将軍が指揮しているとのことです。ハフェズ・マフルーフは治安部隊の首都エリアのトップです。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/25(月) 02:50:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<がんばれ「いわき市」! | ホーム | シリア「血の金曜日」映像>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/413-26b700f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。