ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ほうれん草も冷凍保存でok?

 原発問題で、雑誌はあいかわらずの扇動報道を続けています。「放射能が来る!」と表紙に書いた『AERA』はさすがに陳謝したみたいですが、他にも私がお世話になってきた各誌とも、大方はやっぱり「日本は危ない!」というスタンスで臨んでいます。出版業界人として多少内情を知っていますが、じつは各誌編集部内にそういう「信者」がけっこういます。本人たちは大真面目に「良かれ」と思って記事を作っているわけです。
 そんななか、ひとり『週刊ポスト』だけが、「デマに惑わされるな!」と孤軍奮闘しています。同誌のスタンスに必ずしもすべて賛同しているわけではありませんが、「デマに惑わされるな!」という基本姿勢には共感します。
 しかし、たとえばまったく知識のない人が、たまたま『週刊ポスト』を読むか他誌を読むかで、現状認識は天と地ほど違ってきます。このように、とくに放射線被害に関してさまざまな説が飛び交っている状況ですが、では、本当はどれほど危ないのでしょうか?
 ということで、日経ビジネスオンラインの下記の記事をお薦めします。いま全国民に読んでもらいたい記事だと思います。

▽今の放射線は本当に危険レベルか、ズバリ解説しよう~「水道水、牛乳は飲んでも大丈夫か」「暫定規制値とは」「チェルノブイリと何が違うのか」第一線の専門家にインタビュー

 放射線被害の実際のところが、非常にわかりやすく解説されていて、「危ない、逃げろ!」と短絡することの愚かしさがよくわかります。農作物だって大丈夫だそうです。ほんれん草も冷凍保存して、後で食べれば問題ないとのことです。
 発癌性も、現状なら「喫煙のほうがはるかに危険性が高い」そうです。もっとも、近くに喫煙者がいるだけでパニックを起こす人もいるくらいなので(とくに米国人に多し)、そういう人には説得力のない喩えになりますが。
 ちなみに、以前にも書きましたが、私は日経ビジネスさんとはまったく無関係なので、宣伝ではありません。『週刊ポスト』さんとももう10年以上お付き合いはないので、こちらも別にヨイショしているわけではないです。

「日本は危ない!」論の〝嫌な感じ”については、『軍事研究』に寄稿もされているテクニカルライター/軍事研究家の井上孝司さんが、たいへん面白い辛口のコラムをご本人のブログに書かれています(⇒不幸な事件への便乗と流言飛語)。
 私にとっては各誌とも大事なクライアント様でありますし、反原発系論者にも親しい知人・友人がいますので、これでもだいぶ抑えて書いているのですが、ホンネを申せば、井上さんの上記ブログ記事にちょっと共感しております。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/28(月) 12:53:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<西部方面普通科連隊の写真 | ホーム | シリア謎の殺人部隊>>

コメント

長周新聞

津波や地震に襲われても運が良ければ無傷で生き残れますが、放射能に晒されて無傷でいられる人は誰もいません。こちらも紹介させてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長周新聞
>>http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/hutatabinihonwohaikyonisurunatohibakusya.html

 再び日本を廃虚にするなと被爆者
福島原発災害めぐる広島市民の声
  「平和利用」の欺瞞が破たん   2011年3月25日付
  1. URL |
  2. 2011/03/29(火) 08:33:05 |
  3. 通りがけ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/395-1a6865e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。