ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリア指導部で大統領弟が実権?

 何度も書いていますが、SNSには誤報・偽情報も多く含まれます。国際メディアでクロスチェックできれば信憑性は担保できますが、それでは単に国際メディアだけフォローしていればいいということで、SNSの速報性がまったく無意味になります。
 じつは私も、そんなどこの誰が書いているかもわからないSNSの情報など、最初は軽視していました。が、シリア騒乱の震源地となったダラアの第一報の件で、未確認情報でも馬鹿に出来ないということを学びました。(拙ブログで速報をお伝えしたように、ネットでダラアの第一報が流れたのは今月6日。国際メディアがダラアの反政府運動を初めて報じたのは、それから1週間以上も後のことです)
 その後のSNS体験で、続々入ってくるデモ情報は、今のところはほぼ事実ばかりです。ですが、一般住民の目撃情報を元にするデモ情報と、知る人が極端に限られる権力中枢の内幕情報では事情が異なります。
 なので、以下は現時点ではまったく情報のウラのとれていない眉唾話の類だということを、まずお断りしておきます。

 SNSで流れてきた情報によると、現在、反政府デモが拡大しているシリアの権力中枢では、バシャール・アサド大統領、マヘル・アサド共和国防衛隊司令官、アシフ・シャウカト陸軍副参謀長、ファルーク・シャラ副大統領の4人組が、今後の対応をめぐって協議を重ねているようです。強硬派の急先鋒がマヘル・アサドで、穏健派のシャラと対立しているとの噂があります。
 さらに、マヘルがシャラに向かって発砲したなどという噂もありますが、それはよくわかりません。マヘルは過去にも一度、発砲事件を起こしているので、そういう噂が創作された可能性もあります。
 武力を持つマヘルは、すでに穏健派の兄バシャールから実権を奪取しているという噂すらあるようです。事実はまったくわかりませんが、少なくとも現在、反政府系SNS内では「マヘル悪玉論」が猛烈な勢いで拡散中です。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/26(土) 17:23:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<先代アサドの肖像画を破壊 | ホーム | シリア騒乱映像の続報>>

コメント

シャウカト氏は2年前に事実上失脚してませんか??
リファートの時のように上級の閑職に追いやったんじゃなかったですかね。
それにかつてマーヘルが発砲した相手がシャウカトですが…
  1. URL |
  2. 2011/03/26(土) 17:59:39 |
  3. ca626 #-
  4. [ 編集]

ca626様 コメントありがとうございます。
私の理解では、シャウカトは現在もバシャールの個人的な最重要アドバイザーだと思います。陸軍参謀次長への配転は大将昇格にともなう措置で、現在も治安機関に隠然たる影響力を持っていると思われます。というか、私の推測では、彼は軍への影響力は現在もあまり強くなく、どちらかというと秘密情報機関(ムハバラト)や公安機関(アムン)系に力を持っている印象です。
以上はあくまで傍証からの推測ですが。
  1. URL |
  2. 2011/03/26(土) 19:13:13 |
  3. 匿名 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/387-e4bbada1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。