ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリア反政府運動の過程を実況する現地映像

 シリアの民主化運動のSNSに参加してみると、どこよりも早い速報(信憑性は担保されませんが)がどんどん入ってくることは前述しましたが、昨日あたりからまたいっきに増えてきました。ネット上ではもう革命前夜の勢いです。
 本日は金曜日の礼拝の日なので、礼拝後のデモが呼びかけられています。首都ダマスカスでも旧市街のハイ・アルミダンでデモが組織されているようです。デモがあるとすれば、現地時間でだいたい午後3時くらいから夜にかけてとなるので、日本時間だと今日の深夜から明日にかけて、また続々と情報が入ってくることになりそうです。
 英語で情報発信しているサイトもあります。「フリー・シリア」という反政府運動サイトで、本体はアラビア語ですが、英語訳ページもあります。→http://www.free-syria.com/en/loadarticle.php?articleid=38251
 凄いなと思うのは、現地の人が撮影した映像が、その日のうちにユーチューブにアップされ、それを紹介する書き込みがSNSでリアルタイムに入手できることです。なので、国際メディアが編集して放送するより、だいたい半日くらい先にそれらの映像を見ることができます。
 なかでも、ユーチューブの以下のサイトが早いです。
シャム・ニュース・ネットワーク
 これらの映像は、それこそ当事者たちが撮影したものなので、撮影技術はメチャクチャですが、とにかく桁違いに臨場感があります。こうした映像がネットで流通し、多くの国民が見て憤慨し、それでまた反政府運動が加速される・・・ネットは単なるデモ呼びかけのツールだけということではないのですね。
 いくつかの映像を紹介します。放送用に編集されていないので、かなり残虐なシーンがあります。
大規模なデモの映像
▽夜間の衝突
▽夜間の衝突その2
▽発砲鎮圧(注意※残虐なシーンがあります)
▽発砲鎮圧その2
▽発砲鎮圧・犠牲者(※残虐なシーンがあります)
▽犠牲者(注意※非常に残虐なシーンがあります)
▽負傷した人(注意※残虐なシーンがあります)
▽秘密警察による逮捕(デモ参加者が私服の秘密警察に逮捕されたシーン。デモといっても、こちらは小規模のもの。場所はダマスカスのようです。)
▽ダマスカス近郊でのデモ(アル・ハジャル・アル・アスワドという町での昨夜のデモ映像です。思ったより大掛かりです)

 リアルタイムの映像だけでなく、過去の映像もアップされるようになってきました。下記は2008年の爆弾テロの現場の映像のようです。非常に非常に残虐な映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=3NgQaNVqVqA&feature=player_embedded
(追記:当映像に関して、2008年7月に発生したダマスカス近郊のセドナヤ刑務所での政治犯暴動を、治安部隊が鎮圧した際のものとの情報があります。それにしては、死体がなぜかバラバラに吹き飛んでいたりするのですが、どういうことかよくわかりません)

 繰り返し書きますが、以上はいずれも目を背けたくなるようなシーンが多いです。けれども、現実です。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/25(金) 18:40:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ダマスカスのデモ映像」来ました! | ホーム | シリアの政商ラミ・マフルーフ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/381-962b1984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。