ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

革命をリアルタイムで体験できる時代

 リビアに英仏米が本気で軍事介入したことにより、一時危惧されたカダフィ復活の目はまずなくなったと見ていいでしょう。チュニジア、エジプトに続いて、リビアも民主化革命が見えてきました。
 他方、イエメンでも軍幹部がぞろぞろと反乱勢力に寝返っています。こちらもサーレハ退陣はぐっと近くなってきました。こちらは革命とまではいかないかもしれませんが、政変はほぼ確実の情勢です。

 シリアでは、ダラアで反乱勢力が町の中心部を奪取し、アサド大統領の肖像画を燃やしたりしているとの情報があります。また、他の町にも反政府デモの動きがどんどん飛び火しています。こちらはまだまだ反乱の動きは小さいですが、確実に裾野が拡大しつつあります。
 シリアの民主化運動は、主にフェースブックを介して広がっているのですが、じつはちょっと前から私も関連のネット・コミュニティのひとつにアクセスして、リアルタイムで情報を入手しています。以前のエントリーでダラアの反政府運動の萌芽を紹介できたのも、そのネット・コミュニティからの情報でした(結局、第一報でお伝えした少年たちの逮捕の情報は事実だったようです)。
 今後の展開はまだ読めませんが、リアルタイムで民主派陣営の動きをフォローするという体験は、なかなか興奮します。かつて89年の中国や91年のロシアなど、現地で民主化運動をナマで取材したときも興奮しましたが、今では日本にいながら革命を同時進行で体験できるわけですね(まあ、もちろん私はそこまでやりませんけれども、その気になれば無関係の個人がネットを介して革命を煽ることすら可能性ですね、これは)。
 シリアの民主派は現在、首都郊外エリアで散発的な集会を組織するところまで来ましたが、なかなか首都中心部での大規模街頭行動までこぎつけられません。それをいかに仕掛けていくかというところで試行錯誤しているのですが、その様子が逐一伝わってきます。また、アサド体制を支えてきたといわれるアラウィー派(イスラムの少数派で、アサドら体制幹部の主流派)の中にも、民主化運動が生まれてきています。
 このあたりの情報は、じつはまだ国際メディアは報じていません。前述したダラアの件もそうですが、ロイターやアルジャジーラより先に、地球の裏側に住む一個人が最新情報を得ることができる・・・すごい時代になったものです。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/22(火) 03:34:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ネット・インテリジェンス機関の有効性 | ホーム | 「保安院&東電」記者会見場の実態>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/378-75c8a0b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。