ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

震災と教団

 前エントリーで紹介したように、私は福島県いわき市の出身なのですが、故郷の被害状況を調べようとネットを見ていたら、国内治安インテリジェンス方面では多少注目されてきた某新興宗教教団が、市内の信者の被災者(とくに生徒)を千葉の教団施設で手厚く遇していることを知りました。本部からのお達しで、被災地の信者は関東各地の教団施設で引き受けるという決定をしたようです。
 それでは・・・と、ちょっと気になって、某巨大信仰宗教教団のHPを見てみたら、被災地近傍の教団施設を避難所に提供したり、医師団を派遣したりと、こちらも素早く動いていました。
 国際紛争に関して取材する際、私などは内部求心力の強い排他的な宗教教団を、ついマイナス要因と見てしまうのですが、こうした非常事態では、たしかに利点もあるわけですね。中東の紛争地域でも、かなり強硬派のイスラム組織が、手厚い福祉などで社会に浸透していますが、なるほどそれなりの理由があるのでしょう。
 古今東西の宗教教団、それに政治結社などもそうですけれども、そもそも当初は一種の互助会的な存在として成長してきた部分も大きいわけで、非常事態にはその役割が前面に出てくるということですね。それらの活動の原資はそもそもどこからどうやって調達されたものなのか・・・なんてツッコミたくなる気持ちもちょっとはありますけど、たしかに何も出来ない私なんぞより、ずっと役立っていることは事実です。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/20(日) 05:29:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<多国籍軍リビア空爆へ | ホーム | いわき市からのメール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/373-15aa17d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。