ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中東情勢緊迫化

 日本の震災、とくに原発関連が世界でも大きく注目されていますが、そちらに目を奪われている間に、中東情勢も大きく動いています。簡単に概要だけ紹介します。
 まず、リビアではカダフィ派が軍事力で巻き返していて、反体制派の牙城になっている東部の主要都市ベンガジでの攻防戦という局面にまで事態が悪化しています。国際社会が介入しなければ、反体制派は壊滅しないまでも、カダフィ派圧倒的優勢という状況で半固定化する可能性もあります。アメリカや英仏その他では、それを阻止するための飛行禁止空域設定をどうするかという話し合いが、まだ結論が出ていません。
(追記⇒と書いたばかりですが、国連安保理で飛行禁止措置が採択され、対リビア軍事行動が容認されました。さっそく英仏が軍事行動に動いています。リビア情勢は大きな転換点を迎えつつあります)
 次に注目されるのは、バーレーンの反政府デモです。サウジアラビアやUAEなどの湾岸軍が介入し、バーレーン治安部隊による武力鎮圧が激化しています。
 イエメンでもデモがさらに激化しています。
 もうひとつ注目は、これまでほとんどデモがなかったシリアで、14日から小規模なデモが発生していることです。今のところデモ参加者も数十人~150人程度で、警官隊に簡単に排除されているくらいですが、今後の展開が注目されます。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/18(金) 15:01:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シリア民主化デモ弾圧の映像 | ホーム | 北朝鮮「人民保安相」解任の怪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/370-d1d6c6c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。