ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エジプト騒擾の今後

 本日、スーダンでもデモが始まりました。もうあちこちに伝播しています。アラブ諸国は「イラクとレバノン(とパレスチナ)以外は全部独裁」なので、どこでも同じような下地があります。ですが、やはり天王山はエジプトでしょう。
 エジプトはなんだか革命前夜のような様相になってきました。あの国は陸軍が強力なので、いずれ収束する可能性が高いとみていたのですが、これだけ無秩序になってくると、今後の見通しはまったくわかりません。
 カイロでは略奪が始まっているようです。私の見聞の印象だけでいえば、アラブでもエジプトはとくに都市人口が密集しているからか、人々にインド的なパワーがあります。競争が激しいので、誰もが我先にという感じで、個々人の押しの強さがあります。出稼ぎの人や貧困層も多いので、そうなるとちょっと心配なのは、略奪がいっきに流行する危険があるのではないかということです。
 いずれにせよ、最後はもう軍が収めるのではないかなという気がします。独裁政権に対する反発から始まった騒動ですが、いわゆる民主派の受け皿がありません。民族派もイスラム勢力もたいしたことはありません。民主選挙をやったら、大統領立候補者が100人くらい出てくるのではないでしょうか。
 私としては、思いっきり欧米かぶれの指導者が出て、昔のパーレビーみたいな「脱回(イスラム)入欧」政策をとってくれないかなという期待があるのですが。
 都市部の都市化が進んでいるエジプトは、ムバラク独裁以外はアラブでも有数の西側かぶれ国なので、軍が一時的に収めるとしても、その後はやっぱり世俗派の民主的政権を期待します。あまり注目されていませんが、軍の内部で世代交代が進み、親欧米派の若手が実権を握るということはない・・・かな。
 こういう状況の良くないパターンとしては、「独裁権力崩壊」→「声のでかい民族派や宗教系が民主的に台頭」→「うまくいかない」→「抗争激化で、何度かドタバタ」→「みんな疲弊する」→「やっと落ち着いてくる」という流れですね。
 と、いろいろ考えてみましたが、いずれにせよ先のことがこれほど読めない〝騒擾〟というのも、あまりなかったように思います。情報化社会が進めば、惰性の独裁はいずれ立ちゆかなくなりますが、その後の長期混乱は必至ということでしょうか。
 別件で手が塞がっているので、あまり調べもせずに印象だけで書きましたが、かつて住んでみたことがある国だけに、ちょっと他人事には思えません。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/31(月) 01:35:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ムスリム同砲団 | ホーム | モスクワ空港テロ続報&エジプト情勢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/345-db890b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。