ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウィキリークス情報で日本情報が出てこない!

 今月号の「次号予告」に書かれているので、隠す必要はないと思いますので書きます。次号の『軍事研究』でウィキリークスについて記事を執筆しています。
 ということもあって、自分なりにかなり徹底的にウィキリークスについて調べてみました。報道の出方が散発的なので、なかなか全体像はわかりづらかったのですが、まあだいたいのところはつかめました。
 そこでちょっと気になったのは、東京発の公電情報がほとんど公開されていないことです。ウイキリークスが入手した公電情報は、全部で25万点強あるのですが、そのうちの5697点もが在京大使館発のものです。在外公館としては第3位の多さなのですね。
 ところが、そこからこれまで公開されたのは、公開済み文書2658点のうち、わずか3点。まったく寂しいものです。
 ウィキリークスは情報公開にあたり、信憑性を確認したり、情報の分析をしたり、危険情報を選別したり、世間により強いインパクトを与えたりするために、部外の協力者と共同で作業を行なっています。なかでも、アフガン資料の頃から、欧米メディアと提携しています。現在は英米仏独西の5つのメディアですね。
(その他、今月半ばよりノルウェーの新聞が「全資料を入手した」として独自の報道を始めていて、今度はスウェーデン、デンマーク、ドイツのメディアと提携して報道するそうです)
 で、問題は、そうしたメディアや協力者に、おそらく日本専門家あるいは日本に興味のある人がほとんどいないということなのだと思います。誰でも自分や自分の〝顧客〟層が興味のあるネタに関心は集中しますから、そういうことで日本情報は後回しにされているのでしょう。
 ウィキリークスは公式サイト上で、提携メディア(ジャーナリスト)を募集しています。であれば、どうして日本のメディアはそれに乗っからないのでしょうか。スクープの宝庫なのに、もったいないことです。
 できれば私がやりたいくらいですが、あちらもメディアは厳選しておりますので、まさか『Japan Military Review』ではダメでしょうね。でも英語でネット発信もしている『Kyodo News』とか『The Asahi Shimbun』とかなら大丈夫だと思うのですが、なんでやらないんでしょうかね。最初の頃に「公益性がないネット暴露はダメ!」みたいな話を社説とかに書いてしまったからでしょうか。ウィキリークス側も不注意な情報公開には慎重ですから、逆に公益性を指導するくらいの気持ちでやれば構わないのではないかと思うのですが・・・。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/25(火) 04:23:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<戦場カメラマンの渡部さんにお会いしました | ホーム | ドモジェドボ空港テロはウマロフ派の犯行か?>>

コメント

できれば私がやりたいくらいって言うんなら、オマエがやってみろよ。できねぇから。
  1. URL |
  2. 2011/01/26(水) 08:52:21 |
  3. 匿名 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/341-417d7d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。