ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウィキリークスで暴露された天野IAEA事務局長のホンネ

 インテリジェンスを研究している立場からすると「これは良くないな」と思いつつ、やはりどうしても中身が気になってしまうのがウィキリークスです。次はどんなネタが飛び出すか?なんて、なんとなくワクワクしてしまうのも、しかたないですね。
 で、今回、「どうせそんなものだろうな」と感じつつも、「でも、これバレたら今後にものすごく悪い影響を及ぼすだろうな」と思われる話が飛び出しました。天野之弥IAEA事務局長に関する情報です。
 天野氏はなんと、昨年12月の事務局長就任の前に、アメリカのIAEA大使に対して「高官の任命からイラン核開発疑惑に至るまで、あらゆる重要な決定で一貫して米国に同調する」と誓っていたというのです。
 また、イギリスのミリバンド英外相が当時、タウシャー米国務次官(軍備管理・国際安全保障担当)との会談中に、「天野氏に我々が気合を入れる必要がある」と述べていたことも暴露されました。
 つまり天野氏は就任当初から、米英と気脈を通じ、イランを追及する立場で事務局長に就任したということになるわけです。
 実際、天野氏が率いる新IAEA事務局は今年2月、「イランがミサイル搭載可能な核爆弾を開発している可能性がある」と、IAEAとしては初めて名指しでイラン核ミサイル問題に対する懸念を明記しました。こうした天野氏に対して、イラン政府はかねてより、「エルバラダイ前事務局長よりも偏向している」と批判してきましたが、まさにそのとおりだったということです。
 折りしもイランと欧米主要国代表団との濃縮ウラン問題の交渉がスタートしますが、タテマエだけでもIAEAの中立性が損なわれると、イランや北朝鮮に言い逃れの隙を与える結果になりかねません。「まあ、そんなことだろうね」と多くの人はなんとなく感じていたとは思いますが、「それがバレちゃあ、おしまいよ」な話です。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/03(金) 09:54:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<インテリジェンスを学ぶ道 | ホーム | ウィキリークス情報とイラン=北朝鮮関係>>

コメント

ロシア.中国と気脈が通じていたら大変だ!
(ウィキリークス情報、好きですね。)
  1. URL |
  2. 2010/12/03(金) 12:41:41 |
  3. 帆の葉っぱ #6YySSgy.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/325-37ecb1da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さらに昨日の続き

スパイ&テロ ウィキリークスで暴露された天野IAEA事務局長のホンネROCKWAY EXPRESS 誰がウィキリークスの背後にいるのか?ナルホドねぇ・・・そうなるとやはり現米大統領落とし ...
  1. 2010/12/03(金) 21:31:15 |
  2. みやびのブログ

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。