ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北朝鮮=暴力団ルートの謎

 ワールド・インテリジェンスVol.3「北朝鮮&中国の対日工作」発売!皆様よろしく! 書店に注文の際は「軍事研究11月号別冊」と指定してください(雑誌コードがそうなっているので)。

 さて、今回の特集でもさまざまな角度からアプローチしたが、最後まで残った謎のひとつが、「北朝鮮工作機関と日本の暴力団の関係」だ。
今年5月に警視庁組対部(組織犯罪対策部)が一斉摘発して「北朝鮮=暴力団・覚醒剤ルート」のひとつが明らかにされた。「北朝鮮工作機関」→「在日朝鮮人ブローカー」→「暴力団」という構図だった。
 キーパーソンの在日朝鮮人(韓国籍)ブローカーは、実姉が北朝鮮に住んでいて、その姉の夫と組んで99年頃から日朝貿易を始めたらしい。まず中古車輸出を手がけたということだが、それが福岡の暴力団から盗難車を調達して送るということをやっていた。
 そもそも元から怪しい人物なわけだが、この人物の背景もじつはちゃんと明らかになっているわけではない。暴力団人脈は数多くあるようだが、今のところ朝鮮総連系人脈との深い接点はなさそうだ。

 北朝鮮側の窓口もいまひとつ不明だ。2001年の奄美沖工作船事件で、自沈した工作船からこの在日朝鮮人ブローカーが調達した携帯電話(au)が発見(しかもこのブローカーと交信記録があった)されているので、この工作船の関連組織がこの覚醒剤密輸に関連していたことは疑いない。
 この工作船はおそらく朝鮮労働党作戦部の運用するものだ。作戦部の工作船は、しばしば「35号室」や「党対外連絡部」といった朝鮮労働党の他の情報工作機関の工作にも参加しているので、覚醒剤密売もそうした機関の特殊作戦だった可能性も皆無ではないが、現在、北朝鮮では各機関がそれぞれ外貨稼ぎ競争を行なっている状況なので、覚醒剤密売の主役は党作戦部だった可能性が高い。もっとも、北朝鮮で現在、覚醒剤を含む不法外貨獲得工作を主導しているのは、金正日の外貨獲得工作を主導する党「39号室」という部署なので、そこが関与している可能性もある。
 また、在日朝鮮人ブローカーは福岡の暴力団組長に対し、自分は北朝鮮の軍人とつながりがあることを示唆する発言をしていたことがあった。とすれば、覚醒剤ビジネスにも軍が関わっている可能性もあるが、党の工作機関でも、作戦部はいわゆる戦闘員をメインとする組織なので、その要員は軍人とほぼ変わらない。作戦部の主任務は日本や韓国へ工作員を潜入させる場合の送迎だから、密輸もお手のものだろう。したがって、覚醒剤のそもそもの出所は39号室なり軍なりだったかもしれないが、密輸に関してはおそらく、「党作戦部」→「在日朝鮮人ブローカー」→「暴力団」という構図だったのではないかと思う。

 暴力団側の中心は、極東会榎本組という組である。そこが大卸の役回りで、そこから松葉会菊池組、住吉会、姉ヶ崎連合などの組に回されていた。
 ただし、そのルートだけが北朝鮮覚醒剤のルートだったわけではない。北朝鮮産覚醒剤が摘発された例はこれまで7件あるが、97年の事件では大日本平和会、98年には住吉会豊田組などの名前が上がっている。

 もっとも、それらの組が北朝鮮との関係のパイオニアというわけではもちろんない。それに、北朝鮮との関係は、組の系列というよりも、在日朝鮮人の組幹部の個人的な朝鮮人脈がそもそもだったケースのほうが多いようだ。

 北朝鮮と暴力団の関係といえば、未だに残る大きな謎が、オウム村井秀夫刺殺事件だろう。犯人は在日朝鮮人で、山口組羽根組の準構成員。「羽根組若頭の命令でやった」と自供したが、若頭の教唆は立証されていない。その男が、北朝鮮「対外情報調査部」(現在の「35号室」)の大物工作員の関係者とコネがあった。ここまでは判明している話だ。

 ここからはあくまで噂の域を出ていない話―ー。羽根組に村井暗殺を依頼したある山口組系の組織があるというのだ。その組は、北朝鮮やオウムの覚醒剤に絡んでいたとの説もあるし、その当時、ある巨大教団の利権を手がけていて、そこでジャマになった村井の口を封じさせたとか、当時の事件記者のあいだではいろいろ取り沙汰された。この手のネタでは必ず名前が出る有名な組だ。
 また、オウム幹部の早川紀代秀が北朝鮮に何度も渡航していたとの情報もあるが、オウムと北朝鮮との関係も謎だ。
 さらにオウム以外にも、統一教会が90年代に急速に北朝鮮との関係を深めているが、統一教会といえばその関連団体に国際勝共連合という右翼団体がある。そこと北朝鮮との関連もよくわからない。(ちなみに、国際勝共連合の後見人だったのが、かの「日本の首領」だったが、その跡を継いだ御子息も今や、なにかと日朝交渉との絡みで名前が登場している)

 もうひとつ謎なのが、「東京ディズニーランドに行きたかった」として日本に密入国を図って拘束された金正男(金正日の長男)の暴力団人脈である。
 金正男は日本では、朝鮮総連上層部のほかに、神奈川県大和駅前のビジネスホテルのオーナーだったK会長や、東京のN病院の創設者K院長などと接点があったようだが、その他に、住吉会系の組幹部とも非常に親しくしていたとの情報がある。この組幹部と金正男が赤坂の韓国クラブで豪遊していたらしい。
 このあたりは未確認情報だが、警察筋に強い事件記者・公安記者のあいだではほぼ定説になっていることも事実である。

 いずれにせよ、在日朝鮮人ヤクザとの関係を背景に、北朝鮮は日本の暴力団と水面下でかなり深い関係にある。問題はそれがどれほど組織だったものなのかということだが、それがよくわからない。
 終戦後から高度経済成長の時代の入口頃まで、かつて韓国闇社会との深い関係で知られた在日朝鮮人系暴力団の筆頭として、東京の東声会と関西の柳川組があった。そうした戦後の時代からあるいは北朝鮮とのウラの関係がずっとあったのか、それとも少なくとも両者のあいだに「太いルート」があったわけではなかったのか…。

 ところで、弊誌今号編集後記にも書いたが、ネット掲示板で面白い〝ネット世論〟が盛り上がっていたのを見つけた。
「北朝鮮とウラで覚醒ビジネスをやっていた暴力団に、アンチ北朝鮮を標榜する右翼団体はなで抗議しないのか?」
 ネットではとくに、すでに名前の出ている某広域暴力団とその系列の有名右翼団体(某自民党最高幹部との仲は有名)が槍玉に挙がっていた。まったく正論だと思う。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/29(日) 03:55:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<戦場NAVI②ニカラグア編 | ホーム | 狙撃映像集>>

コメント

取り扱い書店

ぜひ拝読したいと思います。
うちの近所の本屋さんは「取り寄せ」をどういうわけだが非常に嫌がります。露骨に嫌な顔をするものですから、喧嘩したこともあります。そこで、お願いですが、東京で扱っている書店(三省堂などの大きな書店に行けばいいのでしょうが)をお教えいただけないでしょうか。
  1. URL |
  2. 2006/10/30(月) 16:47:02 |
  3. 菅沼 #wLMIWoss
  4. [ 編集]

取り扱い書店について

菅沼様
ありがとうございます。弊誌は東京であればそこそこ中堅以上の書店にはほぼ配本されておりますが、充分な量とはいえないので、店舗によっては早くに売り切れとなることがあります。店舗が追加注文を出さない場合、その情報がリアルタイムに版元である弊社にフィードバックされる仕組みになっておりませんので、弊社としても、どの書店に現在、在庫があるかというのはわかりません。
お手数ですが、便のいい書店に直接電話でお問い合わせいただくのがいちばん確実です。商品流通上は『軍事研究11月号別冊』という名称になっていますので(『ワールド・インテリジェンス』という雑誌名ではありません)、その点をご注意ください。
さらにご質問がありましたら、申し訳ありませんが、弊社営業担当までお問い合わせいただければ幸いです。
アドレスは以下になります。
http://gunken.jp/blog/form.php
よろしくお願いいたします。
  1. URL |
  2. 2006/10/31(火) 12:43:54 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

私の家の近くの本屋さんにも置いてないので、いつも池袋のジュンク堂書店で購入しています。都内の大型書店なら大抵置いていると思いますが。

第三号も楽しみです。
「フランス諜報機関の歴史」や「宮永事件」といった連載もまさに私が求めていた企画です。
以前も勝手な要望をこのブログのレスに書いたものですが、
もう一度、希望を書かせていただいてよろしいでしょうか?
以前から、現在のスパイ・テロ状況に少なからず影響を及ぼしている過去の事件といえば「イランコントラ事件」「BCCI事件」だと考えています。しかし、今手に入るこの事件についての書籍はほとんどありません。手元にあるのはBCCIに関して2冊のみです。
貴誌には、いつかこの事件について徹底研究し、スパイ・テロリスト・兵器ディーラー・政府高官・財界人脈を暴いてほしいと思います。
応援していますので、これからもハイクオリィティな雑誌をお願いします。
  1. URL |
  2. 2006/11/01(水) 19:22:30 |
  3. sin #-
  4. [ 編集]

sin様
ご購読ありがとうございます。ご期待に添えられるかどうかわかりませんが、今後ともよろしくお願いいたします。
  1. URL |
  2. 2006/11/07(火) 01:19:26 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

巷で言われる「右翼」って

 殆ど「在日」のなり済ましだからね。本来の日本の「右翼」のイメージダウンを図るために活動しているのだから、抗議しないのは当然、というより北とも裏でつながってるんじゃないの?
  1. URL |
  2. 2011/10/20(木) 00:15:11 |
  3. KY #OLHiJ7es
  4. [ 編集]

「日本のヤクザや犯罪集団を軍事訓練しているのは、社会文化部です。対外調査部も少しは関与していますが、主として社会文化部です」
亡命者の安明進は、党連絡部と日本のヤクザは関係があると証言した。
 党連絡部の招待所(訓練基地)は、平壌郊外の龍城区域新美、東北里一帯、順安区域一帯など、全国で数百ヶ所に及んでいるが、ヤクザなどの射撃訓練所がおこなわれているのは、兄弟山区域間里一帯という。
(出典:「北朝鮮 対日謀略白書」65項より)
  1. URL |
  2. 2013/09/09(月) 15:45:37 |
  3. 匿名 #csnjkFDk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/31-2df218f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。