ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

写真館⑥サラエボ攻防戦

 ボスニア紛争初期のサラエボ攻防戦です。撮影年は92年です。
sarajevo1a.gif
 セルビア人のスナイパーです。目の前に軍事境界線になっているミリャツカ川という小さな川があって、その向こうの人間は誰でも撃ちます。女子供でも撃ちます。もちろん敵側のスナイパーも同様です。
sarajevo3a.gif
 サラエボ市南部のグルバビッツァ地区を押さえるセルビア人武装勢力の兵士。この戦線は動かないのですが、定期的に銃撃・砲撃戦をやってます。
sarajevo4.gif
 グルバビッツァのセルビア人部隊。ユーゴ政府軍の重装備を使ってますが、兵隊そのものは地元出身の即席民兵がほとんどなので、操作はあまり熟練していませんでした。
sarajevo6.gif
 戦場取材というのは、戦闘中のほとんどの時間は、兎にも角にも「全力疾走」です。日頃自堕落生活を送っている身にはめちゃくちゃシンドイですが、目の前に銃弾がバシバシ飛んでくるので、自分でもびっくりするほど速く走れたりします。
 そして、遮蔽物を見つけたら頭からダイビング! レンズのフィルターは全部割れますし、ヤワなオート式カメラは一発で作動不能です。このときはFE2がすぐに戦力外通知。F3とFM2がかろうじて作動してくれました。戦場カメラマンの機材はシンプル・イズ・ベターなのです。
sarajevo7.gif
 実際には、戦闘中にはなかなか写真を撮る余裕はないです。
sarajevo8.gif
 こういうの、前からは撮れないので、どうしても後姿が多くなっちゃいますね。
sarajevo9.gif
 敵(モスレム部隊)の砲撃で炎上。このくらいは日常茶飯事なので、誰も慌てません。
sarajevo10.gif
 こちらはサラエボ市内に篭城中のモスレム部隊。サラエボ北部戦線は丘陵地帯。
sarajevo10a.gif
 モスレム部隊。こちらも職業軍人はあまりいません。
sarajevo11.gif
 国連部隊。あまり力はありません。
sarajevo12.gif
 サラエボ空港を守る国連部隊。周囲のセルビア人部隊は空港周辺の道路を平気で撃ってきていました。
sarajevo13.gif
 砲撃を受けるサラエボ南西部。こんな感じのが毎日ありましたが、車のガソリンがなかなか手に入らず、現場にすぐに駆けつけるということが、なかなかできません。かといって、徒歩移動は自殺行為です。
sarajevo14.gif
 サラエボ南部を東西に流れるミリャツカ川。この川が軍事境界線になっていて、両サイドのスナイパーが常に撃ち合ってます。ちなみに、川の北方の地区を東西に走る大通りが通称「スナイパー・ストリート」。
sarajevo15.gif
 サラエボ市内では、やむを得ず外出するときは、常に走ります。しょっちゅう狙撃されます。
sarajevo16.gif
 ライフラインは完全ストップ。なんといっても、いちばん困るのは「水」です。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/13(月) 12:52:57|
  2. 写真館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<写真館⑦ボスニア戦線 | ホーム | 写真館⑤ダメダメな国の代理戦争>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/264-1b3b3244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。