ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『実録 陸軍中野学校』

 本日、私が原作を担当させていただいた諜報戦史マンガ『実録 陸軍中野学校』(扶桑社spa!コミック)が出版となります。作画は前作同様、格闘技劇画で知られる峰岸とおる先生です。
→アマゾン
→セブンネットショップ
 本作品は中野学校1期生のひとりをモデルに主人公を設定し、「中野学校の訓練」「上海での諜報戦」「南方工作」の3本立てとなっています。
 中野学校の生みの親ともいえる岩畔豪雄、初代教官の秋草俊・福本亀治・伊藤佐又、(中野学校正規の)2代目校長の田中隆吉、謀略の神様と呼ばれた土肥原賢二、参謀本部宣伝謀略課長の臼井茂樹、登戸研究所長の篠田鐐、松機関の岡田芳政と阪田誠盛、梅機関の影佐禎昭と晴気慶胤、里見機関の里見甫、児玉機関の児玉誉士夫、女スパイの川島芳子と鄭蘋如、中国マフィア「青幇」の杜月笙、K機関の小日向白朗、テロ組織「ジェスフィールド76号」の丁黙邨と李士群、F機関長の藤原岩市、南機関長の鈴木敬司、タイ駐在武官の田村浩、インド独立派のプリタムシンとモハンシン、日本人匪賊のハリマオ(谷豊)、第25軍司令官の山下泰文、作戦主任参謀の辻政信、光機関長の山本敏、インド独立派最高指導者のチャンドラ・ボースなどなど、旧日本軍の特務工作に関わった主な実在の人物が続々と登場! 盛り沢山の内容になっています。

 今回の作品は、昨年出版しました『大日本帝国 満州特務機関』(→セブンネットショップ)の続編となっています。前作と合わせて、ぜひよろしくお願いいたします。全国のキオスク、コンビニ、書店もしくはネット通販にて販売です。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/23(水) 12:37:32|
  2. 著作・メディア活動など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NHK再放送 | ホーム | 南アフリカ最新・最深ルポ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/253-29b25414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。