ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

韓国ドラマ『アイリス』

 以前、行きつけの泡盛バーで韓国ドラマ『アイリス』が話題になったことがあります。イ・ビョンホン主演で平均視聴率30%超。舞台のひとつとなった秋田県に、韓国人観光客が大挙して押しかけているという話でした。
 で、先週、衛星チャンネルをザッピングしていたら、たまたまこのドラマをやっていました。「ああ、これか」と思って何の気なしに見たところ、なかなか面白かったです。イ・ビョンホンは凄腕の韓国秘密情報部員。同僚に恋人がいて、その恋人を密かに愛する別の同僚もいたりして、韓国ドラマ独特の超甘ラブラブ・シーンも定期的に挿入されますが、ストーリー自体は骨太な国際謀略モノ。秀逸なのはスピード感で、『24』みたいな感じでした。
 私がたまたま見た回では、舞台がハンガリーになっていました。そこでイ・ビョンホンは北朝鮮要人を暗殺します。ふつう朝鮮半島モノでは、北がテロリストで南がディフェンス側なのですが、ここでは逆なのが新鮮ですね。韓国情報部の描写はなんとなく『TV版ニキータ』の「セクション1」みたいな感じで、対する北朝鮮側機関はそれこそ「CTU」みたいな感じでした。どうも『24』ばりのジェット・コースター・ストーリーが狙いっぽいので、これからまだいろいろ展開しそうですが。
 で、少し興味が出たので、ネット検索したら、今月末からTBS地上波でもやるのですね。しかも水曜9時と、かなり気合が入っているようです。日本で韓流ファンといえば、大甘メロドラマ・ファンの中高年女性層と相場が決まっていますが、はたして『24』ファン層をうまくキャッチできるのでしょうか。
 それにしても、この手のアクションをアメリカや韓国は普通に作れるのがちょっと羨ましいですね。実際に諜報戦の当事者ですから、物語が絵空事でも、その基礎にリアリティがあるわけです。その点、わが日本はそうした世界と無縁のお気楽な国ですから、スパイものはちょっと無理ですよね。平和なのはいいことなのでしょうが。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/06(火) 14:07:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<肩書きについての悩み | ホーム | ロシア自爆テロ陰謀論?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/242-333a8b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。