ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

記録映像『日本の黒い霧』

 文藝春秋の方にお誘いいただき、新宿で行われた松本清張生誕100周年記念行事に行ってきました。九州・小倉にある松本清張記念館が主催で、同館が製作したオリジナル映像作品『日本の黒い霧~遥かなる照射』の上映と、ノンフィクション作家・佐野眞一さんの講演でした。
 面白かったのは、ドキュメント映像の中で紹介されていた小倉の黒人兵集団脱走事件のエピソードです。これはノンフィクション『日本の黒い霧』に収録された話ではなく、小説『黒地の絵』のモチーフとなった実在の事件だそうで、私も初めて知りました。
 これはどういう事件かというと、朝鮮戦争の頃、小倉にある米軍基地から黒人兵が集団脱走し、略奪と婦女暴行のかぎりを尽くしたという話です。この米軍部隊は、幹部クラスを除いてほとんどが黒人兵で、朝鮮戦争でかなり戦死者を出した部隊だそうです。
 松本清張は1953年頃まで小倉に住んでいたということで、この事件を直接見聞しており、後に『黒地の絵』を書いた後、その映画化に奔走しています。ところが、その作品がことごとく映像化された超売れっ子の松本清張作品でも、『黒地の絵』の映画化はついに実現しませんでした。
 これはたいへん興味深いことです。事件当時は米軍が強大な影響力をもっていた時代ですから、同事件はほとんど報道もされていません。しかし、それから数十年も経ってからも、この話はいわばタブー視されたわけですね。
 たいへん不幸な事件ですが、こうした話はじつは古今東西あります。戦場ではしばしば起こっていることです。それでも、在日米軍を悪者にする作品は、たとえ事実でもおそらく政治的な配慮でタブーになったのです。
 この事件がタブー視された最大の理由はおそらく、黒人兵の犯罪だったからではないかと思います。人種差別に繋がりかねないとのビビりですね。私はニューヨークのブルックリンという黒人街に若い頃住んでいたことがありますし、アフリカの戦場取材経験もあるので、黒人の知人もそれなりにいます。その経験から言うと、立派な尊敬できる人ももちろん多数いますが、正直怖い思いは何度もしました。人種差別は単なる肌の色とか容姿の違いとか、そんな表面的な問題ではないですね。
『黒地の絵』を私はまだ読んでいませんが、イーストウッド監督あたりが映画化しないものですかね。もしもそうなったら、アメリカ人はどう観るのか非常に興味を覚えるのですが。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/28(日) 18:19:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地震と火事場泥棒 | ホーム | 石破政調会長、鈴木宗男外務委員長など取材>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/225-a4a759eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。