ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『大日本帝国 満州特務機関』

 先週木曜、TBS『総力報道! ザ・ニュース』でコメントを採用していただきました。ミャンマー軍事政権の視察団が北朝鮮軍を視察し、「商談」した際の内部報告書(写真多数付き)を同局が入手した特集で、写真解説などを担当しました。
 面白いのは武器売買だけでなく、地下軍事基地建設請負までその商談に入っていたことです。なるほど武器売買は現情勢ではなかなか成立しないでしょうが、建設請負なら経済制裁の枠外ですね。北朝鮮軍のビジネス担当者もいろいろ考えているようです。

 ところで、今月29日頃予定ですが、私が原作を担当した『大日本帝国 満州特務機関』というコミックが扶桑社(SPA!コミック)より発売されます。→アマゾン  →セブンアンドワイ
 初めてのマンガ挑戦で、かなり力入ってます。土肥原賢二と甘粕正彦を中心に、福島安正、小磯国昭、川島芳子、伊達順之助、薄益三、小日向白朗、河本大作、板垣征四郎、石原莞爾、花谷正、張作霖、溥儀、阪田誠盛、茂川秀和、イワン・ミハイロフ、秋草俊、山本敏などなど、満州の謀略裏面史を駆け抜けた重要人物が勢ぞろい! 若き日の土肥原が所属していた「青木機関」「坂西機関」なども登場します。
ストーリーはフィクションですが、モチーフはすべて史実をもとにして構成していますので、あの時代に興味のある方は是非どうぞ。
定価450円。全国書店&コンビニで。作画はかの梶原一騎氏とも組んでいた峰岸とおる先生です。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/22(水) 01:21:37|
  2. 著作・メディア活動など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<満州・大陸と有名人 | ホーム | 松本清張特集>>

コメント

大日本帝国 満州特務機関を読んで

はじめまして。
先日、駅のコンビ二偶然に目についたコミック本「大日本帝国 満州特務機関」を買いました。
何故というと、私の父が満州で特務をしていたからです。父の名前は片岡駿といいます。石原莞爾さんの関係と聞いていました。大川周明さんや甘粕さんの名前もよく伺っていました。
神兵隊事件や東条内閣暗殺計画、平沼内閣暗殺計画に連座し、刑務所生活も多かったのですが、戦後は全国を行脚し、伊勢神宮にて全国有志大連盟という組織を作り、日本の政治を変えようと志していました。
しかし、志半ばで講演中倒れ、78歳の生涯を閉じました。
私は末っ子であったため、父の活動中は知らず、特に満州の活動については全く分かりませんでした。
いつか、詳しく尋ねようと思いつつ、とうとう機会を失ってしまいました。

この度、本を読みながら、原作者である黒川様のことを知り、突然ですがコメントを入れさせていただきました。
もし、父の歴史に関して何か知りえることがあればぜひともお知らせ下さい。
よろしくお願い申し上げます。
  1. URL |
  2. 2009/08/22(土) 23:35:08 |
  3. take #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2009/08/27(木) 22:01:32 |
  3. #
  4. [ 編集]

take様
コメントありがとうございます。ご尊父は昭和の語られざる世界を生きてこられた方で、黒龍会関係者をはじめご交流のあった方々を含め、まだまだその足跡が世間には明らかにされていない部分が多かったように思います。戦前・戦中のご活躍に関して、なにか書き残された日誌・備忘録でもあればいいのですが・・・。
  1. URL |
  2. 2009/08/29(土) 08:30:54 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2009/08/31(月) 13:19:13 |
  3. #
  4. [ 編集]

トッチャンへ

takeさん。トッチャンですね。麻生のゆうちゃんです。東村山に引っ越したのは昭和35年ごろでしたか。片岡さんが亡くなったことは平成3年ごろ、中塚貴志さんから伺っていました。インターネットの発達は、往時を省みれば魔法のようなものですね。私はスイスのジュネーブに住んでいます。たまに麻生へも帰ります。連絡は取れますか。
  1. URL |
  2. 2010/02/02(火) 07:04:29 |
  3. 麻生のゆうちゃん #6f4Rt8bU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/200-443d7be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。