ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新刊『戦後秘史インテリジェンス』

 4月8日、新刊『戦後秘史インテリジェンス』が大和書房より発売になります。→アマゾン予約受付はこちら
 昨年末より出版を始めたワールドインテリジェンス誌のスピンオフ企画は、第1弾の識者インテリジェンス論集=『インテリジェンスの極意』(宝島社)、第2弾の現代諜報戦概論=『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』(大和書房)に続き、この第3弾でいちおう打ち止めとなります。
 今回の本は、同誌掲載記事のなかから、日本の戦後情報秘史および、外国諜報機関の対日工作の話を集めました。「戦後」と謳っていますが、わりと最近の話まであって、どちらかというと“昭和・平成インテリジェンス裏面史”といった内容になっています。第1弾、第2弾はかなりマニアック・専門的な内容でしたが、戦後史発掘といった感じの今回は、比較的読みやすい内容になっていますので、よろしくお願いします。
 ついでに宣伝させていただくと、拙著『謀略の昭和裏面史』および拙編書『公安アンダーワールド~日本の秘密情報機関』『未解決事件の謎を追う』(いずれも宝島社)と併せてお読みいただくと、戦後ニッポンの語られざる歴史がいくらか垣間見えてくると思いますので、興味のある方はそちらもどうぞ。

『戦後秘史インテリジェンス』
佐藤優=序説 黒井文太郎=編集
だいわ文庫(大和書房)

目次(※手元に現物のデータがないので、細かい文言は少し違うかもしれません。悪しからず)

▽序説 日本の情報史で注目すべきキーパーソン//佐藤優(作家・起訴休職外務事務官)+構成・黒井文太郎

1章 戦後情報秘史
▽「影の軍隊」伝説の真相~元自衛隊幹部の証言//黒井文太郎(※『軍事研究』本誌新規記事より)
▽「F機関」指揮官 藤原岩市の戦後//冨澤暉(元陸幕長)+構成・黒井文太郎
▽日米関係の深層で活躍した政界ブレーン・天川勇教授//天川由記子(帝京大学短期大学准教授)+構成・黒井文太郎

2章 KGBの謀略
▽KGBの日本人エージェント//黒井文太郎
▽「宮永スパイ事件」の深層//野口裕之(『産経新聞』専門委員)+構成・黒井文太郎

3章 アメリカ&イギリスの対日工作
▽CIA機密解除文書に見る戦後アメリカの対日工作//黒井文太郎
▽英防諜部がマークした日本の諜報活動//橋本力(英国立アベリストウィス大学大学院国際政治研究科)※新規書き下ろし
▽CIAは日本で何をやっているのか//春名幹男(名古屋大学大学院教授・元共同通信特別編集委員)+構成・黒井文太郎

4章 北朝鮮スパイの暗躍
▽「百人町事件」謎の工作員の数奇な人生//今村等(ジャーナリスト)+構成・黒井文太郎
▽私は北朝鮮のスパイだった! 日本人工作員の告白//ジン・ネット(高世仁・石田久人)+構成・黒井文太郎
▽朝鮮総連非公然組織「学習組」の虚像と実像//李策(フリーライター・元朝鮮総連専従職員)
▽工作船事件から浮上した北朝鮮「覚醒剤」暴力団ルート//黒井文太郎

5章 中国の諜報工作
▽中国の対日スパイ工作事件簿://黒井文太郎
▽対日工作の拠点「中国大使館」の研究//黒井文太郎
▽従軍慰安婦問題をめぐる中国「心理戦」の深層//江崎道朗(日本会議専任研究員)+構成・黒井文太郎

6章 狙われる日本
▽イラク諜報機関の対日工作//村上和巳(ジャーナリスト)
▽ミツトヨ事件で浮上した日本の「核の闇市場」//黒井文太郎

7章 知られざる「公安」裏面史
▽大阪万博で始まった公安調査庁“ソ連班”対「KGB」//黒井文太郎(※都合により、ワールドインテリジェンス記事を元に全面的再構成)
▽地図から消された警察庁通信所//青木勝弘(ジャーナリスト)
(以上です)
スポンサーサイト
  1. 2009/03/25(水) 20:23:57|
  2. 著作・メディア活動など
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:7
<<テポドン騒動のかげで、核搭載ノドンが日本を狙う? | ホーム | NHK BS-hi 世界史発掘>>

コメント

新刊、おめでとうございます。
「謀略の昭和裏面史」は帝国陸軍の特務機関の活動をとても興味深く読みました。
「公安アンダーワールド」は、日本の黒い霧の虚実などが面白かったと記憶しています。

今回、新規書き下ろしもあるようで、期待しています。
  1. URL |
  2. 2009/03/25(水) 23:34:32 |
  3. sin #-
  4. [ 編集]

『未解決事件の謎を追う』を今でも読み返しています。
ありそうで実は無いんですよ、こんな本が。
私にとって教科書のような存在です。
(筆者が編集部名義の記事も黒井さんの執筆ですよね?)

修正・加筆の上で新装版、もしくは続編を読みたい
と言うのが私の夢なのですが・・・・


  1. URL |
  2. 2009/03/28(土) 02:38:00 |
  3. ヨッシー #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。本をつくるにも時間や予算の関係などがあって、それぞれ「投入した労力」というのが違うのですが、別冊宝島realというシリーズのこの3作は、そういう意味では自分なりに手間隙かけた思い入れの強い作品なので、お褒めの言葉をいただくとものすごく嬉しいです。
「未解決~」はおっしゃるとおり、編集部名および複数の筆名で書いてます。文庫化の際に概算したら、だいたい3分の2くらいやってました。「公安~」のほうは、企画構成編集は私ですが、内容的には元公安調査庁の野田敬生さんの尽力が大きかった作品です。
  1. URL |
  2. 2009/03/29(日) 11:53:16 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2009/05/01(金) 12:23:39 |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧コメントをいただきましたK様

貴重な情報をありがとうございます。

黒井文太郎 拝
  1. URL |
  2. 2009/05/04(月) 10:22:00 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

「謀略の昭和裏面史」は務機関の活動を読みました。戦後も自衛隊特務機関が謀略で活動している本を多く散見されます。本当に存在していたのですか。成田近くに住む特殊作戦群出身の3等陸佐が特殊作戦のプロと同期から聞いたことがあります。空挺団で中隊長経験あるとか。続編を期待しています。
  1. URL |
  2. 2010/01/25(月) 21:03:57 |
  3. 習志野 #-
  4. [ 編集]

習志野様
 コメントありがとうぎざいます。
 謀略というほどのことではありませんが、陸上自衛隊の幕僚監部第2部特別勤務班というのが、非公然活動をやっていました。概略は近刊の『真犯人に次ぐ~未解決事件ファイル』(週刊朝日ムック)所収の拙稿「金大中事件~もう一つの日米密約」に書きました。
 現在の特殊作戦群は米軍のグリーンベレーやデルタフォースを参考にした特殊部隊です。理想としては海外での隠密潜行的な偵察や心理戦、現場でのインテリジェンス活動もいちおう考えられているようですが、今のところ謀略工作みたいなことまでは考えていないと思います。
  1. URL |
  2. 2010/02/21(日) 16:56:39 |
  3. 黒井文太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/167-86bb2dad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天川由記子 Wikipedia

セックスすると思う? セックスすると思う?「ザ・ドリフターズ」のメンバーで、ウクレレ奏者としても活躍する高木ブーさん(76)が再婚することが1日、分かった。年内にも入籍する予定。お相手は、森喜朗、安倍晋三両元首相らの“名参謀”として知られる帝京大学の天
  1. 2009/04/02(木) 23:18:31 |
  2. お笑いニュース

天川由記子 ウィキペディア

新刊『戦後秘史インテリジェンス』 ▽「F機関」指揮官 藤原岩市の戦後//冨澤暉(元陸幕長)+構成・黒井文太郎▽日米関係の深層で活躍した政界ブレーン・天川勇教授//天川由記子(帝京大学短期大学准教授)+構成・黒井文太郎 2章 KGBの謀略▽KGBの日本人エージェ...
  1. 2009/04/03(金) 09:37:53 |
  2. ハーゲンダッツ・バニラ好き

天川由記子 オフィシャルブログ

天川由記子 高木ブーと交際 ハワイ大好き 天川由記子 帝京大学の准教授 が 高木ブーと交際 天川由記子は 米シカゴからブログを更新しました 天川由記子は約5300字に渡る長文のブログで高木への気持ちを激白。 「結婚を視野に入れたとてもよい大人のお付き合いをさせ
  1. 2009/04/04(土) 04:22:20 |
  2. うきうき探索隊

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。