ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パキスタン「国軍統合情報局」+生物兵器テロ+イラン核開発

現在発売中の週刊『エコノミスト』に、「2009年・世界の軍事的脅威を読む~イスラム過激派勢力は拡大・第5次中東戦争勃発も」という記事を執筆しました。
なんといっても来年の“世界の火薬庫”はパキスタンとイランでしょう。なかでもイスラム過激派ネットワークの黒幕的存在である同国の国軍統合情報局(ISI)の動向、それに早ければ09年中にも核爆弾1発分の濃縮ウランを製造するイランの核開発が大問題です。あと、アルカイダの生物兵器テロも要注意ですね・・・というような記事です。オバマ政権はアフガン+パキスタンに集中するみたいですし、陸自にも派遣要請があるでしょうね。
ところで、いくつかのメディアが「日本に文民派遣が打診されている」というような記事を書いていますが、ちょっと違うのではないかと思います。アメリカ側が言っているのは、「輸送ヘリ班」とか「医療チーム」「復興支援チームを護衛する警備部隊」なんかを出せ、ということで、それは「べつに自衛隊でなくてもいいよ」ということだと思うのです。決して、文民の農業指導者を出せとか言ってるんじゃないのですね。
日本では、戦場にそんな任務で出せる文民の公機関がありますでしょうか? 陸自しかないですよね。そういえば、日本政府はお金もいっぱい上納させられそうな雲行きですが、なんとかならんものなのでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/25(木) 09:28:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハマスに影響力を持つのはシリアだけ | ホーム | 新刊『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/153-692f557e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。