ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『イスラム国の正体』内容紹介

 『週刊現代』先週号ですが、コメント採用していただいていました。
 また、現在発売中の『FRYDAY』でもコメントを採用していただきました。いずれも尖閣の関連です。

 ところで、本日、新著『イスラム国の正体』の見本が出来ました。まもなく発売になります。皆様よろしくお願いいたします。
▽『イスラム国の正体』(ベスト新書)(アマゾン)
 内容の紹介として、目次(小見出し)を抜粋します。

『イスラム国の正体』

▽プロローグ 内戦が生んだ自称国家
 なぜ「国」を自称するのか
 特徴は徹底した残虐性

▽第1章 殺しの軍団
 イスラム国の一斉蜂起
 破竹の快進撃の要因
 ティクリートの大量処刑
 斬首の画像を公開
 外国人の人質も斬首処刑
 外国人の人質23人の運命
 拉致された日本人
 危険なネット公開情報
 ヤジディ教徒の大虐殺
 救出作戦
 奴隷化される女性たち
 少年兵を強制徴兵
 少女戦士も斬首

▽第2章 イスラム国~その出自と成長
 ルーツはイラク戦争後のスンニ派過激派
 アルカイダとの微妙な関係
 イラク・アルカイダのテロ攻勢
 イラク・イスラム国の誕生
 スンニ派部族勢力との確執
 イラク・イスラム国の最高指導者
 米軍撤退の影響
 弾圧されるスンニ派
 躍進の契機はシリア内戦
 シリア内戦の背景
 ヌスラ戦線の正体
 イラクとシャームのイスラム国
 アルカイダから破門される
 「イラクとシャームのイスラム国」の台頭
 シリア北部・東部で広い支配地を確保

▽第3章 怒涛の進撃
 2014年1月のイラク西部蜂起
 シリア反体制派との戦い
 6月大攻勢
 銀行から多額の現金を奪取
 政府軍基地から大量の兵器を鹵獲
 「イスラム国」樹立宣言
 モスルダムの攻防

▽第4章 オバマVSイスラム国
 オバマ大統領が決断したイラク空爆
 イラクを不安定化させた米軍撤退
 イラク戦争が諸悪の根源とはいいきれない
 オバマ大統領がシリア内戦を放置した理由
 化学兵器使用にも無策だったアメリカ
 遅れた軍事支援
 イスラム国の台頭に驚愕したオバマ大統領
 国際法的にグレーだったシリア空爆
 アメリカの介入を恐れるアサド政権
 国際社会は概ね空爆に肯定的
 アメリカは自分たちのために対外政策を決める
 米大統領がまず考慮するのはリスク
 米国内にオバマ大統領の無策への批判も

▽第5章 イスラム国の知られざる実像
 組織の中核に旧フセイン政権軍人
 イスラム国の上級幹部たち
 収監時代の人脈
 ナンバー2はイラク担当副官か
 イスラム国の戦力
 イスラム国の兵器
 資金源の謎
 石油収入のために油田を制圧
 外国人義勇兵はどこから来たのか
 より過激さを増す外国人義勇兵

▽第6章 ネット戦略と海外ネットワーク
 ネットを活用してリクルート
 大量にアップされる残虐映像
 イスラム過激派のネット利用
 イスラム国のテロ呼びかけ
 国際テロの新たな震源地か
 アルカイダとのライバル関係
 世界のイスラム過激派とイスラム国
 義勇兵を志願した北海道大学生

▽第7章 イスラム国はなぜ残虐なのか
 外国人兵士の3つのパターン
 共同体意識が強い中東の社会
 後発の宗教ゆえの排他性
 イスラム法の法源となる「コーラン」「スンナ」
 多様なイスラムの「解釈」
 解釈の曖昧さが過激派を生み出す
 イスラム国はなぜ残虐なのか

▽第8章 イスラム国の今後
 スンニ派部族の大量処刑
 イスラム国、トルコ国境へ侵攻
 空爆の規模が小さい理由
 コバニの激戦
 今後のカギを握るトルコの動向
 イランとロシアの思惑
 サウジ、ヨルダン、イスラエル、そして日本
 イスラム国とイラク、シリアの今後
 長い戦いのはじまり

▽エピローグ 「遠い国」で今、起きていること
(了)
スポンサーサイト
  1. 2014/12/05(金) 18:19:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中東情勢を書く機会は少ないけれども | ホーム | ヘーゲル更迭でシリア政策の今後は?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1428-892f8c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。