ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「イスラム国」と「アサド政権」は打倒すべき

 ここのところ、「イスラム国」関連に没頭していて、ブログ更新を怠ってました。

 3週間前、「夕刊フジ」にコメント採用していただきました。イスラム国に参加する欧米のホームグロウン・テロリストの関連です。
 また、現在発売中の「軍事研究」に「最悪の世界同時紛争アナリシス」という記事を寄稿しました。イラク・シリア、パレスチナ、ウクライナ、リビアその他の紛争の動向を解説しています。
 あと、18日のTBS「ひるおび」で文字コメント採用していただきました。エボラ問題で米軍3000人が派遣されたことの解説です。ちなみに、同作戦を取り仕切るのは、ドイツに本部を置く米アフリカ軍で、リベリアに前線本部を設置します。部隊は衛生部隊が主力となりますが、その指導には先行して現地入りしているUSAMRIIDとCDCも参加することになります。

 イスラム国が大きなニュースになっていますが、要は「かつてないほど勢力を拡大した狂信者集団」です。なんとなく「現代社会に挑戦するカリフ国家」と注目されていますが、そんなに新しい性質の組織でもありません。
 たまたまシリアの内戦と、米軍撤退後のイラクでのシーア派政権の暴政に乗じて、勢力を拡大しました。指導部に旧イラク・バース党の軍人人脈が関与しており、たしかに戦略と戦術は成功していますが、テロ分析の観点からいえば、タイプとしてはペルーのセンデロ・ルミノソやアルジェリアの武装イスラム集団(GIA)のようなカルト的な組織といえます。昔からよくあるタイプですね。
 イスラム法(シャリーア)の適用を公言していますが、1000年以上前の社会風土での規範ですから、現代の人権意識とはかなり乖離があります。斬首行為がとくに問題になっていますが、従わない者、自分たちが異端者と見なす者は、躊躇なく殺戮します。つまりは徹底した教条的・排他的・暴力的組織というわけです。
 イラクでのヤジディ教徒への暴力が話題になりましたが(男性は処刑、女性は戦利品扱い)、シリアでも処刑や強制徴兵などが盛んに行われています。
 イラクに関しては、アメリカを中心にイスラム国討伐の動きがあります。イラクではシーア派政権軍やクルド部隊もありますし、外国軍が介入すれば、これ以上のイスラム国拡大はおそらく阻止されるでしょう。長期的にはイスラム国は徐々に追い詰められるはずです(完全に打倒するのは難しいでしょうが)。
 問題はシリアです。アメリカはシリアでの空爆も決定しましたが、それだけでどれほどイスラム国を撃退できるかは疑問です。イラクと違い、シリアでの軍事作戦には、現時点ではほとんど他の国からの参加表明がありません。現状では、かなり制限された限定的な介入ということになりそうです。
 それに、イラクでは強力な国軍やクルド軍がいますが、シリアではそうではありません。アサド政権軍はいますが、こっちは別に住民虐殺を続けており、イスラム国打倒で協力し合うことはないでしょう。
 アメリカは穏健派の反体制派への軍事支援を決定しましたが、それもまだまだ不充分です。アメリカの支援ルートは南部のヨルダン国境ルートがメインなので、軍事支援もメインは南部戦線(対アサド軍)の世俗派叛乱軍ということになり、イスラム国の強い東部・北部での反撃にはなかなか直結しづらい状況にあります。
 現在、イスラム国はシリア北部のクルド人エリアに進撃。多数の難民がトルコに避難する事態になっています。
 同地を取り仕切っていたクルド部隊は、地元のアラブ人との軋轢から、ときにアサド政権と手を組むなどし、アラブ人の反体制派から信用されていないのですが、一般のクルド住民に罪はありません。このままではイスラム国による大虐殺が懸念されます。
 なお、ここのところイスラム国の残虐性ばかり注目されていますが、実際にシリアの一般住民を理不尽に殺害し続けているのは、むしろアサド政権です。アサド政権の蛮行も忘れてはいけないです。
 いずれにせよ、紛争においてはさまざまな陣営にはそれぞれの論理があります。それでイスラム国の論理とか、アサド政権の論理とかを議論している向きがあります。無意味とは言いませんが、それよりもリアリズムの観点でいえば、どの陣営が何を言ってるかよりも、実際に何をやっているかに注目すべきでしょう。
 そのうえで、人々を救うには何が必要かを考えなければなりません。従わない者は殺戮するイスラム国も、民間人を虐殺し続けているアサド政権も、ともに打倒すべき対象となります。善悪の単純な感情論ではなく、人の安全保障の原則といえます。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/22(月) 11:47:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<国際法的にグレーでも他に手段がなかったシリア空爆 | ホーム | シリア日本人拘束事件、中国サイバー部隊、未来の戦争・・・>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2014/09/23(火) 11:37:04 |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1420-d528e8a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。