ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イラク・シーア派(マリキ政権)=イラン=アサド政権=ロシアの枢軸ライン

▽イラク:露軍機を購入…首相「米、納入遅い」(毎日)
▽「クルド独立へ住民投票」自治政府外相が意向(読売)
 混沌のイラク情勢ですが、敵味方関係がいよいよ複雑になってきています。
 大元の原因は、イスラム過激派ISISの攻勢です。スンニ派過激派であるISISの攻勢を脅威とするのは、マリキ政権、イラン、それにアメリカです。なので、イランとアメリカが反ISISを支援しています。ただし、温度差はあって、イランは同じシーア派のマリキ政権を強力にバックアップ。対するアメリカは、ISISがバグダッドを落とすようなことがなければさほど全面的な軍事介入には向かわない姿勢の、制限された消極的介入に留まっています。
 と、そこに割り込んできたのがロシアですね。マリキ政権とイランの密接な関係が主ですが、ロシアもマリキ政権に肩入れしてきました。
 シリア情勢とも絡み、事態はかなり奇奇怪怪な展開ですね。ちょっと整理します。
 まず、ISISと組んでいるのは旧バース党勢力です。スンニ派繋がりでもありますが、反マリキ政権繋がりですね。ただし、旧バース党勢力よりはやはりISISの戦闘力が抜きん出ています。
 マリキ政権を支援しているのは、まずはイラン。イランはシリアのアサドの同盟者でもあり、その流れでマリキ政権とアサド政権も協力関係にあります。シリア内戦ではイランの革命防衛隊、イラクのシーア派戦闘グループがアサド支援で部隊を送っています。これまでアサド政権はシリア国内で勢力を拡大してきたISISとは、対反政府派戦術としてさほど真剣に対決してきませんでしたが、今回、ISIS叩きに参加しています。
 ロシアもアサド政権の同盟者でしたが、今回、マリキ政権支援に乗り出しています。つまり、マリキ政権=イラン=アサド政権=ロシアという繋がりです。このいわば悪役同盟に、反ISISということでアメリカも加わってます。
 他方、アメリカはシリアの反体制派支援に乗り出してきました。
▽米大統領:シリア反体制派へ5億ドル支出 議会に承認要請 (毎日)
 オバマ政権はシリア内戦への介入には消極的でしたが、さすがにISISの台頭には危機感を覚えたのでしょう。ISISを叩くにはシリア反体制派を強化する必要があります。この金額だけではいっきに形勢逆転とはいかないでしょうが、それでも反体制派にとってはありがたいことです。この動きがもっと本格化すればよいのですが。
 
スポンサーサイト
  1. 2014/06/30(月) 05:52:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タフな交渉が求められる拉致問題 | ホーム | 北朝鮮ミサイル発射の思惑???>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1413-a343c36f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。