ワールド&インテリジェンス

ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『満州国の真実』

 先月発売の別冊宝島『太平洋戦争 超兵器大全』で、陸軍登戸研究所関連の記事を採用していただいています。
▽太平洋戦争 超兵器大全 (別冊宝島)
 別宝『艦これ』編集チームの制作で、内田弘樹氏も執筆されています。

 また、今月発売の別冊宝島『黒い皇帝プーチン』で記事を3本を採用していただきました。
▽黒い皇帝プーチン (別冊宝島)
 拙稿タイトルは、以下。
「青年時代のプーチンにみる忠誠心とロシア式官僚処世術」
「クリミア併合で発揮したプーチンのインテリジェンス」
「シリア内戦死者16万人のA級戦犯こそプーチンだ」
 本当は、当ブログでも再三書いているように「プーチンは北方領土を返す気は全然ない!」という分析記事を寄稿したかったのですが、なかなか紙媒体では難しいかも。まあ、いろいろ反発が来ますからしょうがないです。分析記事に感情的に反発されても困るのですが(苦笑)

 また、久々の構成・執筆ですが、やはり今月、別冊宝島『日本人なら知っておきたい満州国の真実』が発売になりました。
▽日本人なら知っておきたい満州国の真実 (別冊宝島)
 企画自体は編集部ですが、全体の構成と執筆を担当させていただいています。インタビュー記事として半藤一利氏、奥野誠亮氏の2本があるのですが、うち奥野氏記事は編集部企画でライターの浮島さとし氏が担当されています。
 こうした分野も左右両陣営にさまざまな立場の方がいらっしゃるわけですが、私自身は半藤氏と非常に近い考えですね。
 いずれにせよ、長年の歴史マニアとしては、たいへんやりがいのある仕事になりました。できれば今後も、機会があれば日本史分野に挑戦していきたいと希望しています。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/16(月) 14:26:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<集団的自衛権と集団安全保障と人道主義 | ホーム | 主軸は宗派よりも「敵の敵は味方」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wldintel.blog60.fc2.com/tb.php/1409-4021f72e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒井文太郎

Author:黒井文太郎
 63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(とくにイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。

 著書『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』等々。

 ニューヨーク、モスクワ、カイロに居住経験あり。紛争地域を中心に約70カ国を訪問し、約30カ国を取材している。




最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。